ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

カルシウム足りてる?将来の骨粗鬆症になる度チェック!

約 1 分

体に欠かせない大事な栄養素のひとつ「カルシウム」ですが、カルシウム不足になるとどんな不調が起こるかご存じでしょうか。食事制限などのダイエット中に不足してしまうことも多い栄養素ですね。骨粗鬆症などの危険性もあるので、しっかりカルシウムを補えているかチェックしてみることが大切です。

カルシウム不足で起こる体の不調

カルシウムが強い骨を作るために欠かせない栄養素ということは知られていますよね。そのほかにも、抗アレルギー作用や筋肉の収縮を手助けする役割も果たしています。そんなカルシウムが不足すると、体にどんな不調をもたらすのでしょうか。

◆骨がもろくなってしまう

カルシウムは歯や骨の主成分であるため、不足することで変形を起こしたりもろくなってしまいます。これが悪化してしまうと骨粗鬆症になってしまうのです。

◆イライラしやすくなる

天然の精神安定剤ともいわれているカルシウム、不足することで脳の働きが低下してしまい、イライラを引き起こします。

◆疾患につながる危険

高血圧や動脈硬化などの疾患を引き起こしてしまう可能性があります。

不足してない?カルシウムチェック

以下の項目で当てはまるものはいくつあるかチェックしてみましょう。

・お菓子がだいすき

・インスタント食品を好んでたべる

・牛乳や乳製品はあまり好きじゃない

・ジュースなど甘い飲み物をよく飲む

・すぐにイライラしてしまう

・ストレスが溜まりやすい

・眠れないことがよくある

・虫歯になりやすい

・ちょっとしたことで骨折してしまう

・野菜よりも肉を食べることが多い

いくつ当てはまったでしょうか。数が多い人はカルシウム不足の可能性があります。食生活を見直し、カルシウムを多く含んだ食品を積極的に取り入れていきましょう。

カルシウムを多く含んでいる食品は?

インスタント食品やお酒、タバコなどはカルシウムを摂取するにあたり弊害を起こす可能性があります。カルシウムはもともと体内に吸収されにくい栄養素なので、少しでも多く吸収できるようなるべくインスタント食品やお酒などは控えるようにしましょう。

また、カルシウム摂取を効率的にするためにはビタミンDが良いとされています。きのこ類や魚介類、卵などに多く含まれています。カルシウムを含む食材とビタミンDを含む食材をバランスよく摂ることが大切です。また、ビタミンDは日光に当たることでも生成されますので、お天気の日には外に出るのもよいでしょう。

では、どんなものにカルシウムが多く含まれているのでしょうか。

牛乳・チーズ・ヨーグルトなどの乳製品

いわし・しらす・ししゃもなどの魚介類

豆腐・豆乳・納豆などの豆類

ほうれん草・ひじき・切り干し大根などの野菜、海藻類

普段からこれらの食品を積極的に摂ることで、カルシウム不足にならないようにすることが大事ですね。身体に不調が出てからでは遅いですので、そうなる前に日頃から意識するように心がけたいですね。

まとめ

カルシウムはビタミンDと一緒に摂ることで吸収されやすくなります。バランスのよい食事をしましょう。骨や歯のためにも欠かせないカルシウム、栄養が偏りがちなダイエット中には特に注意が必要です。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)