ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

ウォーキングの効果がいまひとつの方へ 運動時に飲んでほしいおすすめサプリメント

約 1 分
ウォーキングの効果がいまひとつの方へ 運動時に飲んでほしいおすすめサプリメント

皆さんは、「ダイエットサプリ」について知っているでしょうか。「使ってみたいけどどれがいいのかわからない。」という方は多くいます。今回は、ダイエットサプリメントについて紹介していきたいと思います。

サプリメントは、あくまで補助

現在ダイエットを考えてウォーキングを計画している方や、痩せたいと思っている方は「飲むだけで〇キロ痩せられる!」「運動いらずで簡単!」などの誇大広告に惑わされる人は多いのではないでしょうか。痩せられる薬があればたくさんの人が食いつきます。しかし私は断言します。「そんな夢のような薬は現在ありません!!」前提条件として、運動しなくても痩せられるサプリなんて存在しません。サプリメントは補助で、栄養素を補ったりするものです。つまり「運動をしながらサプリを飲んで足りない栄養素を補う。」ということを理解してください。ウォーキングなどの運動に合わせて利用してほしいサプリを紹介していきます。

α(アルファ)-リポ酸 -DHC

αリポ酸は、人間の体内に存在する脂肪酸です。20代をピークに減少してしまいます。この脂肪酸は基礎代謝量に多く関係しているものだとされています。しかし、この脂肪酸は20代を境に減っていきます。基礎代謝量が減少してしまうのでこのαリポ酸を摂取することで基礎代謝量を増加させることができるのです。運動にプラスして、基礎代謝量がアップすれば消費カロリーが増加し、体重減少の効果が見込めるということです。アメリカでは、注目されており日本でも少しずつ認知されているようです。加齢に伴って減少している中高年の方で、もっと効率よくダイエットの結果を見込めるようにしたいという方や気になる方は、ぜひ検討してください。

オルニチン -DHC

オルニチンはアミノ酸の一つです。人間の体に必要なもので、食事からもとれます。シジミなどの魚介類から摂取は可能ですが、食品に含まれるオルニチンはごくわずかで、微量です。アミノ酸は基本、体内吸収されタンパク質変わってしまいます。しかしオルニチンは体内をめぐり必要な場所で効果を発揮する特殊なアミノ酸です。オルニチンの効果は、「肝臓の働きを助ける」のほかに、代謝を促進させる効果や成長ホルモンを活性化させる働きがあります。子供がいくら食べても太らない理由は成長ホルモンが関係しているとされています。子供の成長ホルモンはすさまじく代謝が高いです。そのため多くのカロリーを取り込んでも消費しています。しかし、大人になっても成長ホルモンは出ていますが子供のように多くありません。そのため、消費カロリーが少なく体にため込んでしまうのです。オルニチンはその成長ホルモンの働きを強くして、代謝アップにつなげてくれます。運動前に飲むことで、運動の効果を増幅させます。

カルニチン -DHC

カルニチンは、脂肪をエネルギーに変換させる働きをする成分です。人間の体は、ミトコンドリアでエネルギーを作っています。食事でとりこんだ栄養をミトコンドリアで変換しているのです。しかし脂肪は、そのままだとミトコンドリアでエネルギーに変換できません。脂肪にプラスしてカルニチンが必要なのです。このカルニチンが少ないと脂肪が体に蓄積してしまうのです。カルニチンは20代をピークに減少していきます。中年太りの原因の一つにカルニチン不足が考えられるのです。このカルニチンを摂取することで、脂肪の蓄積を抑制し、運動のダイエット効果を増幅させてくれるのです。カルニチンは野菜には含まれておらず、肉類に含まれていますが、カロリーを気にしてしまいます。サプリメントであれば、気にせず摂取できるでしょう。

まとめ

今回は、3種類のサプリメントの例を挙げました。しかしこのサプリメントは、あくまで補助食品です。運動の効率をサポートするという位置づけを理解した上で使用を検討してください。今のウォーキングをより効果的にしたい方はぜひ取り入れることをオススメします。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)