ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

ウォーキングでの消費カロリーっていったいどれくらいなの?

約 1 分
ウォーキングでの消費カロリーっていったいどれくらいなの?

ダイエットのためにウォーキングを始めてみたけど・・・これってほんとに効果があるのかな?って思うことありますよね。ウォーキングはすぐにダイエット効果がでるわけではないので、ちょっと不安にもなりますね。ウォーキングでいったいどれくらいのカロリーを消費できるのか、また他の運動と比べてどうなのか、ご紹介します。

ウォーキングによるダイエット効果は?

まずは、気になるウォーキングでのダイエット効果なのですが、驚くほど効果がでるというほどではありません。

ただ、脚痩せを期待できるほか、ほどよく筋肉もついて健康的な身体になることは間違いないので、大変おすすめな有酸素運動なんです。ジョギングや水泳などと違って運動経験がなくてもすぐに始められることも魅力のひとつです。

目に見えて効果があらわれる訳ではないとはいえ、続けることによって確実に変化は現れるので途中で挫折せずに続けていくことが大切です。

1時間歩いた時の消費カロリーはどれくらい?

では、1時間ウォーキングした場合のカロリー消費量はどれくらいかというと、以下のようになります。

体重45Kgの場合 およそ165kcal

体重50kgの場合 およそ180kcal

体重55kgの場合 およそ200kcal

歩く速さや歩幅などによって多少は前後するものの、だいたいこのような感じになります。このカロリーで言えば、おにぎり1個分くらいになります。1時間歩いた割にちょっと少ないかなという印象ですよね。

では、ほかの運動と比べてどうなのかみてみましょう。

体重50kgの方が1時間運動した場合

ジョギング およそ550kcal

水泳 およそ500kcal

エアロバイク およそ400kcal

これらと比べると、ウォーキングはやはり消費カロリーが低いことがわかります。ジョギングの半分以下ですもんね。

ただ先ほども述べたようにウォーキングはカロリー消費量こそ期待できないものの、続けることでたくさんの効果があることは事実です。健康的に痩せられる、むくみの予防、ストレス解消、誰でも気軽に始められる、などです。

少しでも効率よくカロリー消費するには?

ウォーキングはあまりカロリー消費量は多くないことがわかりましたが、少しでも消費をあげるためにできることがあります。ウォーキングの際にこれを意識するだけで効果が期待できます。

歩く速度を上げる

ゆっくり歩くよりもペースを上げて歩く方がカロリー消費も多いんです。ダラダラ歩くのではなく、キビキビ歩きを心がけましょう。

正しいフォームを意識しながら歩く

背筋を伸ばして、胸をしっかり張り、腕を大きく振って歩きます。かかと着地、つま先で蹴り出すようにします。

ウォーキングで痩せるためには?

毎日ウォーキングの時間を取ることは難しいかとおもいます。そんな時は、普段の生活の中でも歩くことを意識しましょう。エスカレーターを使わずに階段を使ったり、一駅歩いてみたり。日常生活の一部をトレーニングに変えられるなんて嬉しいですよね。

また、消費カロリーと摂取カロリーを把握することも大きなポイントです。食べ過ぎた分は歩いて消費しよう!という目標にもなります。逆に、消費カロリーが少ない時などは食べ過ぎ防止にもなりますよね。

まとめ

ウォーキングは消費カロリーが少ないので、すぐに痩せるということには繋がりませんが、続けることでたくさんのメリットがあります。少しの時間でもいいので、毎日の生活の中に取り入れてみたいですね。

 

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)