ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

これから始める人必見!春のウォーキングを楽しむために 花粉症対策について

約 1 分
これから始める人必見!春のウォーキングを楽しむために 花粉症対策について

冬は、気温が低く降雪地域だとウォーキングをすることが困難です。冬が明け、春になるとウォーキングを始める方が多いのではないでしょうか。しかし、春は花粉の季節、多くの方が花粉症に悩んでいます。「ウォーキングを始めたいけど、花粉症が…。」花粉が舞う中で運動するのは苦しくてモチベーションが下がり、続けることが億劫になってしまう方が多いです。今回はウォーキングをする際の花粉症対策について書きたいと思います。

花粉症グッズを使用する

ウォーキングをする際は下記に気を付けると良いでしょう。

1.眼鏡を着用する

2.マスクの着用

やはり一番は、鼻や目の粘膜からの花粉の侵入を防ぐことが良いでしょう。マスクですが、一般的なサージカルマスクは花粉の粒子を90パーセント以上遮断する効果があるとされています。また、価格の高いマスクであってもさほど変わらないです。自分の顔に合ったサイズであれば何ら問題がないとされています。
 メガネは、花粉症対策用のメガネが存在します。通常のメガネでは、隙間が多いですが、その隙間をカバーが覆っている構造の特殊なメガネです。花粉をシャットアウトする形なのです。度の入った眼鏡を作ることも可能なメーカーもあるので問い合わせて作ることをお勧めいたします。また対策用メガネの多くはマスク着用しても曇らないようになっているものが多いのですのでウォーキングの際にも有効です。

3.ナイロン素材のウェアを着用する
4.帽子を被る

花粉は着ている服に付着します。ナイロン素材などの表面がつるっとした素材のウインドブレーカーなどのアウターを着ることをお勧めします。家に入る前にほろうだけで家に持ち込む花粉の量は少なくなります。アウター選びにも気を付けることが花粉症対策につながります。
また、帽子を着用することで髪の毛に花粉がつきにくくなります。つばの広いものが良いでしょう。髪の毛の長い女性の方などは注意した方がいいでしょう。

ウォーキングの時間帯を考える

花粉の対策グッズの使用を書きましたが、ウォーキングの時間帯だけをとっても花粉症対策となります。花粉の飛散量は天候や風の強さなどで変わりますが、午後12時~15時と18時が多いとされています。この時間を避けて、朝方の花粉の飛散量が少ない時間を狙ってウォーキングをすることが春のウォーキングには重要です。また、日本の環境省は花粉の飛散予報をリアルタイムで確認できるシステムを公開しています。

帰宅した後も対策を

ウォーキングなどの外での運動をした後の花粉を家にどう持ち込まないかも大切です。運動後に衣服を取り換えるのはもちろんのこと、シャワーを浴びることで紙や体についた花粉を洗い流すことがくしゃみや鼻水で苦しい状況が減ります。もしもそんな時間がないのであれば、洗顔をするだけでも十分効果があります。

最後に

今回は、今からでもできる花粉症対策について書きました。花粉症の方はつらいと思いますが、少しでも軽減して春のウォーキングを楽しむために対策グッズや運動時間を考えることが重要です。つまり、どれだけ花粉を体内に入れないかを考えることが春のウォーキングには大切なのです。以上の対策をして春の季節感を楽しみながら気持ちの良いウォーキングをしてみてください。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)