ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

【ダイエット】ウォーキングの効果的な時間帯って? 効率的に痩せるためのウォーキングの方法とは

約 1 分
【ダイエット】ウォーキングの効果的な時間帯って? 効率的に痩せるためのウォーキングの方法とは

近年、多くの人がダイエットや健康に関心を寄せる中で取り組みやすいものとしてあげられるものとして「ウォーキング」が挙げられます。しかし、ウォーキングをいざ始めるとなっても「仕事で時間が取れない…。」「結局どうやることがいいのかわからない。」という人が大勢いると思います。今回は、効率の良いウォーキングについて紹介していきます。

ウォーキングに一番効果がある時間帯

ウォーキングの効率のいい時間帯は実は・・・
ウォーキングをしていくうえで一番気になるのは「時間帯」です。仕事の都合や時間に余裕がない人もいますが、効率のいい時間帯は
「夜に歩く」
とされています。朝は体が眠っている状態で血圧が低い状態です。その中で運動をしてしまうと、血圧を急激に上げてしまいます。糖尿病や心臓病を患う方などは注意してください。また朝食の前に運動をすると空腹のために体内のエネルギーが少なく立ちくらみを起こすなど体調がかえって悪くなってしまいます。朝にウォーキングをする方は朝食をとるなどエネルギーの補給は大事にしてください。

夜ウォーキングのメリット

夜歩くメリットについて以下が挙げられます。

1.脂肪の燃焼がいい。
2.より質のいい眠りが得られる。

1点目に挙げられるのは脂肪の燃焼がいいという点です。脂肪は寝ている間に蓄えられてしまいます。その寝る前にウォーキングを行なうことで、脂肪を蓄える量を減らし、結果的に体重の減少が見込められると思います。ウォーキングをダイエットという点でみるならば、夜に歩くことがいいといえます。

2点目は、寝る前に適度な運動をすることによって脳がリフレッシュされ、また適度な疲れによって寝付きやすくなるといわれています。より良い睡眠がとれると運動を続けるモチベーションにもつながります。また女性にとっていえば、ウォーキングは有酸素運動なので血液に酸素をより多く送ることになり、循環が活発になります。ホルモン分泌が促進されて肌の新陳代謝がアップします。美容にも良いことが言えます。

夜ウォーキングのデメリット

しかし、夜のウォーキングにはデメリットも・・・
夜にウォーキングをするメリットについて書きましたが、デメリットについても触れていきます。

1.夜なので、暗い道は歩くには危険かも
2.運動によって食欲が促されてしまうかも

1点目に夜道を歩くので、人通りの少ない道だと女性は危険です。なるべく人通りの多い道で街灯があるところをウォーキングルートに選びましょう。また、自転車や自動車の走行もあります。事故に見舞われぬように反射材を利用して自動車のライトが反射することで運転手にも歩いていることがわかるような配慮が必要です。
2点目は夜に運動することで、食欲のスイッチが入ってしまう場合があります。お菓子やジュースを飲食してしまうとせっかく運動したのに意味がありません。明日の朝食を楽しみにして我慢することが大事です。また、運動することで寝付きやすくなりますが、しすぎると脳が興奮してしまうため寝付けなくなってしまいます。寝る2時間前には運動を終えて就寝の準備をしましょう。適度に運動することが大事です。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)