ウォーキングで痩せないのには理由がある!効果が出るまで地道な努力

約 1 分
ウォーキングで痩せないのには理由がある!効果が出るまで地道な努力

ドラッグストアやネットショップではダイエットに効果があるサプリメントを扱っていますが、効果を実感するまでには時間がかかります。

どんなダイエットをするにしても、基本的には運動をしなければ効果は上がりません。

ウォーキングは、屋外を歩くだけでダイエットが出来るのですが、ただ歩くだけでは少ない効果に留まります。

ダイエットをするには、時間をかけて強い気持ちで続けることが大事です。

ダイエットの基本

体内の余分な脂肪は運動をして燃やさなければいけませんが、ただ運動をするだけでは効果はありません。

運動によってカロリーを消費しても、食事でカロリーを摂取する繰り返しになりますから、体重を減らすには摂取する食事を減らして、運動をする時間を増やす必要があります。

しかも、ウォーキングによるダイエットは、消費カロリーが少ないので、歩く時間によっては現状維持にしかならないのです。

そのことを知ったうえで、ダイエットに取り組まなければいけません。

ウォーキングでダイエットするには時間が必要

ウォーキングを1ヵ月毎日続けても痩せないというのにはやり方にも問題がありますが、長期間続けなければ効果は期待出来ません。

ウォーキングで脂肪を燃やすには最低でも20分以上のウォーキングが必要になります。

ダイエットにはカロリーコントロールが必須ですが、まずはウォーキングで消費されるカロリー量を見てみましょう。

例えば体重が60kgの人が30分間のウォーキングをした時に消費されるカロリーは約125kcalしかありません。

これを毎日続けても体重を減らすのは難しいと言って良いでしょう。

しかし、1時間のウォーキングでは約250kcalと2倍になり、歩く時間が多くなるほど体重を落とせる期待値が増加します。

ウォーキングでダイエットをするには時間をかけて取り組むことが大切であり、出来ることなら毎日続けましょう。

ウォーキングでダイエットするには食事制限が欠かせない

ウォーキングの消費カロリーを増やすには時間がかかるので、食事量を減らして効果を上げる努力も必要です。

ダイエットに良くあるのが食事を抜くことですが、これは逆に太る原因になるのでおすすめ出来ません。

よく朝食を食べずに仕事や学校に行くという人がいるのですが、朝こそしっかり食べるべきなのです。

食事で大切なことは、脂質が多い物を控えて、肉、魚、野菜をバランスよく摂り、活動する為のエネルギー源である炭水化物やタンパク質を摂るということです。

朝は沢山食べて夕食は健康的なメニューを心がける

1日3食の内、朝は1日の始まりですから沢山食べましょう。

昼も沢山食べて構いませんが、高カロリーなものを避けて、バランスが良い内容にします。

そして、1日の中でメインになる夕食こそ食べる量を減らしてください。

睡眠時間が近いですから、炭水化物を控えて野菜中心にしましょう。

夜に沢山のカロリーを摂取してしまうと、消化しきれなかった糖分は脂肪へ変換されて体内に蓄積されるのです。

夕食を食べてから睡眠するまでの間隔は2時間以上確保し、しっかりと消化させてから床に就きましょう。

食事に気を遣いながらウォーキングをすると効果的にダイエットが出来ます。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA