継続が大切!毎日ウォーキングで健康的な生活を送る

約 1 分
継続が大切!毎日ウォーキングで健康的な生活を送る

ウォーキングは軽い運動ではあるのですが、毎日ウォーキングを続けるのは大変なことです。

今日は歩きたくないと思う日もありますが、その壁を乗り越えて行かなければ思うような成果を上げられませんから、ウォーキングを楽しむ工夫をしましょう。

ただ漠然と健康の為にウォーキングをしている方もいるかもしれませんが、具体的にどのような効果があるのかご紹介します。

ウォーキングで得られる健康効果

ウォーキングは有酸素運動ですから心肺機能を強化する効果があり、今までちょっとした動作でも息が上がっていたのが改善されます。

そして体を動かすことで、運動不足の解消や生活習慣病の予防につながるのです。

仕事が忙しくて運動をする暇がない人が多く、表向きは健康的なスタイルであっても、隠れ肥満や糖尿病予備軍の人が多いとされています。

血糖値やコレステロール値が高いと、糖尿病、高脂血症、高血圧から動脈硬化など生命に危険を及ぼす病気を発症する可能性が高くなるので注意が必要です。

運動をすると病気の予防になるだけではなく、血流の改善にもつながるので、肩こりや冷え性、むくみの解消に効果が期待出来ます。

また、精神的な面でも脳が活性化され、仕事や勉強に良い影響を与えるだけではなく、ストレス解消にも効果的です。

生活内容を見直して悪い点は改める

ウォーキングをしても、生活内容が荒れていては意味がありませんから、食事や睡眠など日常生活の中で悪い点を改める努力が必要です。

食事と睡眠は生きていくに必要不可欠なものですから、しっかりと栄養のバランスを考えた食事を摂り、3食食べる習慣を身につけましょう。

食事を抜くと、エネルギー不足にならないように糖分や脂質を体内に貯めるように脳が指示するので、逆に太りやすくなってしまいます。

そして、糖分が脳に行き渡らなくなると、仕事や勉強の効率が低下するだけでなく、注意力も散漫になるので、この状態で車を運転するのは危険です。

食事を抜くと摂取カロリーは減りますが、強い空腹でドカ食いしてしまう原因になるので、決まった時間に1日3回必ず食べましょう。

また、睡眠は次の日のエネルギーを蓄積する為には欠かせません。

睡眠の質を上げるには運動すると良いのですが、激しい運動よりもウォーキングのような軽い運動の方が眠りやすくなります。

布団に入ったままスマホを操作するのも、睡眠の質を低下させるだけではなく、うつ病を発症する可能性があるので、すぐに寝る癖をつけてください。

健康に留意しながらダイエットに取り組もう!

ウォーキングを20分以上続けると、体内の脂肪を燃やすのでダイエット効果に期待出来ます。

運動不足を解消させながら、徐々に歩く時間を長くしたり、早歩きをして体に負荷をかけると、さらに効率が上がり体を引き締めることが出来るのです。

体を引き締めると、筋肉が付くので基礎代謝が向上するだけではなく、太りにくい体質になります。

ウォーキングには良い点ばかりですが、悪い点を挙げるとすれば、効果が現れるまで時間がかかることです。

ウォーキングの消費カロリーは少ないので、食事量を減らして摂取カロリーを削るしかありません。

健康的な食事と、ウォーキングがいつまでも元気でいられるような体作りに役立ちますから、ぜひ取り組んでみましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA