ウォーキングにも準備運動が必要!体をケアしながらウォーキング

約 1 分
ウォーキングにも準備運動が必要!体をケアしながらウォーキング

手軽さが人気のウォーキングですが、長距離を歩いたり、運動不足の方がウォーキングを始めるという場合には、体をケアしながら取り組む必要があります。

ただ歩くだけとはいっても、長時間歩くと体に負担となりますし、膝や腰を痛めてしまうこともあります。

しっかり準備運動をして、ウォーキングをが終わったらクールダウンして体を労わってあげましょう。

ケガの予防や疲れをしっかり取り、ウォーキングを毎日続けられる環境を作ってください。

ウォーキングの前には体を良く伸ばす

軽い運動であっても、急に体を動かすのは望ましくなく、体をしっかりと温めてから本格的に動き出しましょう。

準備運動では「筋肉をほぐす」「腱を伸ばして動きやすくする」「関節の可動域を広げる」といった事に重点を置き、体を動かしてください。

ますは、深い深呼吸をして体内に沢山の酸素を取り込みましょう。

ウォーキングでは腕を大きく振りますから、肩や腕をストレッチして筋肉をほぐし、筋を伸ばします。

次にアキレス腱、ふくらはぎ、太もものストレッチをしましょう。

アキレス腱をしっかりと伸ばし、ケガの予防に努めます。

痛めている場所を無理に伸ばすと、症状が悪化する可能性がありますから、あまり無理をしない程度に体を温めましょう。

ウォーキングの後にはクールダウンで体をケアする

ウォーキングで汗を流したあとは、体をケアする為のクールダウンをしましょう。

疲れを残さないようにするには、ストレッチが有効ですから、準備運動と同じような内容で筋肉をほぐしてください。

ストレッチをすると、血流が良くなるので、心身をリラックスさせる効果があります。

全てをこなすには時間がかかってしまうのですが、ケガを防ぐには欠かせません。

ウォーキングの後はゆっくりお風呂に浸かる

ウォーキングをした後には、シャワーでさっさと汗を流すよりも、ゆっくりお風呂に浸かって体の疲れを癒しましょう。

お風呂は熱いお湯に長く浸かるよりも、ぬるめのお湯で半身浴をした方が疲労回復の効果が高まります。

ぬるま湯に長く浸かる方が体の芯まで温まるので、睡眠の質が良くなり、翌朝の目覚めも良くなるのです。

ぬるま湯の最適な湯量は、浴槽に座った時に体のみぞおち位がベストですから、20~40分ほどゆっくりと浸かりましょう。

ウォーキングの前後には水分補給を忘れずに

体内の水分が失われてしまうと、脱水症状を起こすことがあるので注意が必要です。

夏は夜でも気温が高いので、水分補給が欠かせません。

まずは歩く1時間前に水を飲み、ウォーキング中にも少しずつこまめな水分補給をしてください。

のどが渇いてからの水分補給では遅いくらいであり、ウォーキングの途中で倒れてしまったら大変です。

ウォーキングが終わってからも水分補給、お風呂から上がった後にも水分補給をしましょう。

1日に2リットル以上の水を飲んでも太ることはなく、むくみの解消やダイエットにも効果的です。

夏は熱中症にも注意しなければいけませんから、ウォーキングをする時にはペットボトルや水筒に水を入れて持ち歩きましょう。

自動販売機でジュースを買って飲むのは体にも良くありませんから、どうしてものどが渇いたらミネラルウォーターを買って飲んでください。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA