ウォーキングダイエットの食事は朝食前後どっちが良いの?

約 1 分
ウォーキングダイエットの食事は朝食前後どっちが良いの?

運動をするにはエネルギーが必要であり、お腹が空いていては思うように体が動きませんが、食べてすぐもお腹が満たされているので動きたくなくなります。

ウォーキングをする時にも食事には気を遣わなければいけませんが、ダイエットをするには食べるタイミングがポイントです。

特に朝食は一日の活力源であり欠かしてはいけませんが、ダイエットをしている時にも欠かしてはいけません。

では、ウォーキングでダイエットをするには、どのタイミングで食事を摂ると良いのでしょうか?

ダイエットに最適なのはお腹が空いている朝食を摂る前!

結論から言うと、朝食を摂る前がダイエットには適しています。

朝起きた時には血糖値が低下している状態にあり、この時に運動をすると体内に蓄積されている脂肪分をエネルギーに利用するので体重が落ちやすいのです。

前日の夕食時間からだいぶ時間が経過しており、摂取した糖分は眠っている間に消化吸収されているので、翌朝起きた時には血糖値は低くなっています。

そのタイミングを利用することが、ダイエットに効果的なのです。

朝起きたばかりで、頭は完全に目覚めてはいませんから、いつも以上に周囲に注意をして、事故に巻き込まれないように注意しましょう。

そして、起きたばかりの体には、ハードな運動は良くありませんから、体が温まってくるまではゆっくりとしてペースで歩くことが大切です。

食前のウォーキングは低血糖に要注意

この方法にはメリットばかりではなく、デメリットもあり注意が必要です。

血糖値が低い状態で運動をすると、脳に養分が行き渡らず、ウォーキングをしている最中に転倒する可能性があります。

生命に影響を及ぼす可能性があるので、体調が思わしくない時や、糖尿病など持病がある方は避けるようにしましょう。

対策としては、キャンディーを持ち歩き、気分が悪くなった時に口に入れるという方法があります。

水分補給も必要ですから、この方法に限り、糖分が含まれているスポーツドリンクを持ち歩くのもい良いでしょう。

もちろん朝食後もウォーキングも問題なし!

朝起きてすぐにウォーキングをするのは無理という方は、朝食を摂ってからでも構いません。

しかし、食べてからすぐに歩くと、心臓や胃腸に負担がかかるので、食後30分以上の間隔を置いてからウォーキングに出かけてください。

食後に運動をすることで、摂取したカロリーをすぐに消費できるので効率が良く、ムダがありません。

効率的なウォーキングにするには飲み物も大事

ダイエットを目的にウォーキングをするのでしたら、効率的に脂肪を燃やす必要があります。

ウォーキングには水分補給が重要な役割があり、脱水症状を防ぐには水分が欠かせません。

この時に水ではなく、お茶やコーヒーといったカフェインを多く含む飲み物を飲むとダイエット効果を増すことが出来るのです。

カフェインには脂肪を燃やす働きがあるので、ウォーキングとカフェインの力で脂肪をさらに燃やしやすくします。

カップ1杯のお茶やコーヒーを歩く前に飲むだけで十分な効果があるので、朝目覚めたらまずはお茶かコーヒーを飲んで目を覚ましてからウォーキングに出かけましょう。

体も温まるので、一石二鳥の効果を得られます。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA