ウォーキングで得られる効果と、毎日続けるコツとは!?

約 1 分
ウォーキングで得られる効果と、毎日続けるコツとは!?

ウォーキングを行う時間を確保し、ダイエットや健康維持に努めているという人もいれば、毎日の通勤や移動手段を徒歩で行う事で、自然と健康を維持していたり、知らぬ間にダイエット効果を得ているという人もいます。

ウォーキングには、人体に良い影響を与えるという事は大まかには知られていますが、得られる効果はとても多く、まだまだ知られていない事がたくさんあるのです。

今回は、知られざるウォーキングの効果と、メリットの多いウォーキングを毎日続けるコツを紹介します。

ウォーキングで得られるメリットは豊富!

ウォーキングを行う事で得られる効果として以下の7点が挙げられます。

・「エネルギーの上昇」

歩く事で血流が良くなり、体の組織が正常に機能するための酸素を得る事が出来ます。

そうすると、エネルギーレベルが上昇し、疲れを感じない体になったり、物事への集中力が高まります。

・「心臓血管の健康改善」

歩く事で心拍を整え、血液を全身に押し出す事ができます。

これは高血圧の予防や、良性コレステロールを増やし、悪性コレステロールとトリグリセリドの排出の手助けにもなります。

・「ダイエット効果を高める」

こちらは有名な効果です。ウォーキングは有酸素運動と言われ、カロリーを燃焼し、体重の増加や肥満を予防します。

歩くスピードを早めれば早める程、消費カロリーも多くなります。

・「足や尻の筋肉を引き締める」

ウォーキングはただ痩せるだけの運動ではありません。

歩く事で下半身の筋肉を鍛える事ができ、お尻や足を引き締める事ができます。

ただ痩せるではなく、女性には嬉しい美ボディーを作る手助けとなります。

・「骨粗しょう症を防ぐ」

ウォーキングには、骨密度の減少を防ぎ、骨を強くする効果も得られます。

外を歩き、太陽の光を浴びる事でビタミンDが体内に増加し、カルシウムの合成の手助けを行います。

骨粗しょう症を防ぐだけでなく、変形性関節症などの慢性疾患の予防効果もあります。

・「静脈瘤や下肢静脈瘤の予防」

下半身の循環に問題が生じ、静脈瘤や下肢静脈瘤は起こります。

ウォーキングを行う事で血流が良くなり、心臓にもスムーズに血流が戻るので、このような病気を防ぐ事ができます。

・「ストレス緩和」

ウォーキングのような適度の運動はストレスや不安感の軽減にも繋がります。

ウォーキングには、セロトニンやエンドロフィンの分泌を促し、血中に放出させる事で、気分を良くしてくれるという事が科学的にも証明されています。

歩くだけでこんなにもメリットを得られるのです。

週末だけのウォーキングでも効果は得られる!?

ウォーキングにはメリットがたくさんという事は分かりましたが、運動に時間を掛けれないとう人もいるでしょう。

「ウォーキングは毎日やらなければ効果がない」という情報もある中、忙しい人はどのうよにすべきでしょうか。

結論から話しますと、週末だけのウォーキングでも効果を得ることはできます。

もちろん毎日やるに越した事はありませんが、週末だけのウォーキングで効果を得るためには、何らかの工夫が必要です。

歩く距離は少し長いと思うくらいの距離が良いでしょう。

歩く時間に関しては、「運動後20分」で脂肪燃焼効果が現れてきます。なので、20分以上を歩く事、細かい時間で言うと、週末だけのウォーキングであれば、1回で歩く時間は1時間以上がベストでしょう。

1時間歩けば距離で換算すると、約4㎞〜5㎞程になります。

更に、腕を大きく振る事や、歩くスピードを早めれば、運動効果も十分に得られます。

週末だけのウォーキングとなると、このように少しストイックに行う必要があります。

ウォーキングを毎日の続けるコツは「無理をしない」

上記では、週末だけのウォーキングで効果を得る方法を伝えましたが、ストイックに過ぎて継続性に欠ける部分があります。

忙しい人でも、通勤を徒歩に変えてみたり、買い物は徒歩で行ったりという様に、生活の一部を徒歩に変えるだけでも良いのです。

ウォーキングを続けるコツは「無理をしない」という事であって、ウォーキングの時間を設けようとすると無理がしょうじるのであれば、生活の一部を徒歩に変えて、歩く事を日常的にしてしまえば良いのです。

ウォーキングはランニングやジョギングと違って、生活の一部として取り入れやすいというメリットを活かしましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA