ウォーキングには自律神経の乱れを整える効果あり!

約 1 分
ウォーキングには自律神経の乱れを整える効果あり!

ウォーキングは、年齢・性別を問わず、健康維持に効果的な運動と言えるでしょう。健康維持のためには自然治癒力と免疫力を高めること、そして自律神経を整えることが重要となります。それを効果的に実現してくれるのがウォーキングです。毎日1時間ほど歩くだけでも健康に効果的ですし、他の運動に比べリスクが小さくメリットがあると言えます。

健康維持に効果があるウォーキング

ウォーキングはフォームやスピード、時間などいろいろと難しいイメージを持たれることが多いのですが、初心者はそこまでこだわる必要はありません。健康維持のためであれば、毎日1時間ほどウォーキングするだけで良いとされています。毎日のウォーキングで、体脂肪の燃焼によるダイエット効果をはじめ、自律神経を整える効果、心肺機能の改善、血行促進、アンチエイジング、基礎代謝アップなどの有酸素運動を効果的に実践することができます。

朝のウォーキングで幸せ気分

ウォーキング効果には、幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌作用があります。朝日を浴びながらのウォーキングで体内時計の調整も行われます。ウォーキングで心地よさを感じながら、心身がリラックスできます。風がない時、頬に風をかすかに感じるスピードが理想的な速度です。朝のウォーキングで、体が喜んでいる感覚をいっぱいに味わうことができます。

ウォーキングで自律神経を整える

自律神経とは、活動時や昼間などに活動する神経『交感神経』と、安静時や夜間などに休む神経『副交感神経』の二つに分類されており、必要に応じて自動的に切りかわって働くようになっています。涙が出たり、ドキドキしたり、体温を維持したり、呼吸以外は自分ではコントロール出来ない自動的に動く神経です。自律神経失調症とは交感神経と副交感神経のバランスが乱れる事です。特に原因が思い当たらないのに、身体や心に様々な症状が現れます。症状として、頭が重い・不眠症・めまい・耳鳴り・難聴・のどの違和感・食欲不振・胃炎・膨満感・大腸炎・便秘・下痢・ひん尿・膀胱炎・動悸・息苦しい(息切れ)・疲労感が取れない・ふるえやけいれん・しびれ・手足に力が入らない、女性では生理痛や生理不順、不妊症などもあり、男性では性欲減退やEDなどがあります。自律神経失調症を改善するためには、どのようにウォーキングを実践したら良いのでしょうか。自律神経失調症になると、交感神経が常に優位に働くことで、心も体も緊張状態になります。さらに、全身が緊張して硬くなれば、心身の不調も回復しにくくなります。ウォーキングを行うことで、全身の血行を改善して筋肉の緊張を和らげることができます。ウォーキングは足の筋肉を中心とした運動ですが、下半身には全身の筋肉の7割が存在していると言われています。下半身を動かす方が、意識的に動かしやすい上半身よりも効率的な運動になります。ウォーキングで自律神経失調症を改善するなら、できるだけ良い姿勢を維持しながら歩きましょう。まずは、顎は若干引き気味にして視線は遠くにやり、背筋はしっかり伸ばします。そして、肩の力を抜いて歩くと、筋肉の緊張も心の緊張も和らぎます。シンプルな運動法のウォーキングですが、体と心・脳にも大変効果的と言えます。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)