ウォーキングでダイエット効果が出るまでの期間や歩く距離を知る!

約 1 分
ウォーキングでダイエット効果が出るまでの期間や歩く距離を知る!

ウォーキングでダイエット効果が出るまでに、どの程度の時間や距離、歩数を目安にウォーキングすればいいか、知らずにウォーキングしている人もいると思います。ウォーキングは楽しんで続けることが大事なのです。正しい知識を持って、効果的に脂肪を燃焼させる!痩せるためのウォーキングをしましょう。

ウォーキングで痩せる仕組みを知る!

なぜウォーキングをして痩せることができるのか!ウォーキングの仕組みについて紹介いたします。普段から歩いていない人がウォーキングを始めると、最初の2ヶ月ほどは、ウォーキングに必要な基礎体力や筋肉作りが行われます。筋肉は脂肪より重いため、筋肉が増えれば体重も増加したり停滞したりします。ウォーキングは脂肪を燃焼する有酸素運動なので、毎日続ければ必ず効果は出てきます。まずは3ヶ月間ウォーキングを楽しみましょう。

効果を引き出すウォーキング時間

ウォーキングを20分間続けることで、エネルギー消費が糖代謝から脂肪の燃焼へ切り替わるといわれています。痩せることが目的なら毎日最低20分以上は歩くことを守りましょう。早く効果を求めたり、大きな効果を目指し、無理をして長距離を歩くのではなく、一日30分程度のウォーキングを、無理なく続けることが一番大切です。無理をすると筋肉痛や炎症を起こす原因になりますので注意してください。

効果を引き出すウォーキング距離

ウォーキング姿勢で30分間行えば、個人差はありますが、距離は約3.5km、歩数約3000歩になります。消費カロリーでは150~200kcalの効果があると言われています。最近では身に付けるだけで、歩行・早歩き・走行時の歩数や時間、消費カロリー、心拍数を計測してくれるグッズが多数販売されておりますので、ウォーキング管理におすすめです。

効果を引き出すウォーキング時間帯

ウォーキング効果が出やすいのは朝です。朝のウォーキングは朝食前に行うことで、空腹時の脂肪燃焼の効率が良いタイミングを狙います。また、朝日を浴びることでセロトニンが分泌し、ダイエット効果を高めます。おすすめの朝ウォーキングにも注意点があります。朝は体が目覚めておらず筋肉がかたっまているため転倒などには十分気をつける必要があります。スタート前には10分間のストレッチを行って下さい。

効果を引き出すウォーキング姿勢

1)背筋を伸ばして歩く。2)ヒザを伸ばして腰を前に出すように歩く。3)腕を90度に曲げて大きく振って歩く。4)歩幅は出来るだけ大きくして歩く。5)出来るだけ早く歩く。6)ウォーキング専用のシューズを着用する。ウォーキング姿勢の全てを実践しなくてもかまいません。歩幅を大きくして歩くだけでも、腰の回転が大きくなり、歩くスピードも必然的に速くなることで運動量が大幅にアップされます。※シューズは脚腰のアクシデントを防ぎます。

効果を引き出す方法

ウォーキングに負荷をかけることで運動量をアップさせれば効果が得られます。街中でよく見かけると思いますが、ダンベルを持ってのウォーキングも負荷をかける方法のひとつです。ここまでウォーキングでダイエットの効果が出るまでについて調べたことを書かせていただきましたが、最後に屋外でのウォーキングにはケガや事故の危険性がありますので、十分に気をつけてウォーキングを楽しんで下さい。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)