ウォーキングに効果的な時間とは

約 1 分
ウォーキングに効果的な時間とは

効率を上げて運動したい

運動が好きな人、嫌いな人、運動をしなくてはならない人、する必要のない人、様々な人がいます。またどの状況だとしても運動をすることになれば時間が必要になります。運動だけを毎日続けていれば良いという人はほぼいないと思います。毎日のように会社で働き、または学校に通って、自宅においてもしなくてはならないことがあることでしょう。スポーツに興味があり、体を動かすことを趣味のように続けられる人であれば時間を割くことにも抵抗なくできるかもしれません。しかし健康状態を良くするため、またはダイエットをするための手段として運動を始める場合できるだけ早く結果を得たいと思うのが通常です。いつまでも目標が達成できないまま時間だけが過ぎることは苦痛となってしまうことでしょう。そうならないためには運動するための情報を集め効率的に行うことも大切です。ここでは多くの人が取り入れやすい運動としてメジャーなウォーキングについてその効果的な行い方、特にその効果を発揮しやすい時間について言及していきます。

ウォーキングと時間

ウォーキングに関係する時間にもいくつかの見方ができます。それは一度の運動で連続して歩く時間、そして何日間続けるのかといった期間的な話、さらに一日のうち運動を行う時間帯に関することです。実はそのすべてがウォーキングの効果に影響してくる要素なのです。まず一つ目の継続時間についてですが、ウォーキングのような有酸素運動では脂肪の燃焼のために時間を必要とします。これは脂肪をエネルギー源として消費していくにはまず糖質を使う必要があり、その切り替えには20分から30分の時間が必要になります。次に運動を続けていく期間ですが、ウォーキングの運動としての負荷はとても小さく一日や二日歩いただけでは効果はほぼありません。他の運動による効果の表れよりも長い期間を必要とし、最低でも数か月単位の期間を要します。一般的に言われているのは3か月です。しかしこれについては個人差が非常に大きいポイントであり、体の状態が標準から大きく外れているほど効果は早く表れる傾向があります。そしてその変化の割合は標準的な状態に近づくほど小さくなり、例えば同じ1kgを落とす作業でもかかる時間は変わってくるのです。これは相対的な話であり、体重80kgの人と50kgの人にとっての1kgは異なるということです。最後に時間帯についてです。人それぞれの生活リズムによってウォーキングができる時間帯は限られてくるため自由に選択することはできないかもしれませんが、朝にするウォーキングと夜にするウォーキング、または日中に行うことや食事の前後でもその効果は変化してきます。脂肪燃焼を効率的にしようとすれば朝に運動するのが良いとされています。これは食事前にするのと同様で、空腹時には糖質が少なくなっているため早く脂質を消費していくことができるという理由です。しかし気を付けなくてはならないこともあります。あまりに空腹で糖質が欠けていれば貧血や頭がクラクラすること、また目覚めたすぐには判断力が鈍っているため交通事故にも注意が必要です。一方で夜に行えば、良質な睡眠を取ることが可能のなり回復力を高めることができます。以上のように、体は時間によって状態が変化しているため運動をすることによる効果にも影響が出てくるのです。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)