ウォーキングの効果を高める時間帯とは

約 1 分
ウォーキングの効果を高める時間帯とは

いつ歩くか

ウォーキングをしている人の多くはウォーキングマシンを使わず外を歩いていることが多いと思います。それは自宅にマシンを置くには広いスペースや購入するための費用確保が難しいのが関係していることでしょう。スポーツジムに通えばだいたいの施設に専用のマシンが置いてありますが、ジムに通っている人の多くはウォーキングをしに行くというよりもこの他筋トレや水泳なども同時に行っていることが多いです。外を歩き景色を見ながら運動すればリラックス効果もあり日々のストレスから少しは解放された気分になれることでしょう。特に外を歩く場合朝に歩くのか太陽が頭の上にある昼間に歩くのか、はたまた日の暮れた夜間に歩くのかによって感じ方は異なってきます。ウォーキングは体にとって良い効果がいくつもありますが、いつ歩くかによってこうした精神的なもの以外にも変化があるのです。そのためそれは外であることやジムの中で行うことによって左右を受けるものではありません。

時間帯によって体調は違う

この変化は時間帯による人間の体内部の違いに直接関係があります。もっと言えば朝か夜などといったことよりも人それぞれの生活リズムに関係があると言えるでしょう。もっともここで言う時間帯による効果の違いは一日の気温変化などといった環境に関するものではなく、人間の体における問題について言及しています。皆さんは朝目覚めた瞬間の体の調子と夜における体の調子は同じように感じるでしょうか。ほとんどの人が変化を感じていることだと思います。朝、長い間睡眠を取ることで筋肉や関節はほとんど機能することなく休まっています。そのため目覚めた直後は体が動きにくく活発な運動はしにくいです。また十分に体が温まるまではケガの可能性も上がっています。脳についても同様で、起床後には思考力が低下しており徐々に回転が上がってくるようになっています。このような状態で運動するのは良くないように思うかもしれませんが、実は脂肪の燃焼に関して言えば効果的な時間帯であると言われています。それは目覚め後には糖質が少なくなっているためです。夕飯から時間が長く空くことでその間糖質の補給がされない上、睡眠中も糖質は消費されていくことによって結果少なくなっているのです。糖質はエネルギー源として使われますが、これが足りなくなってくると代わりに脂質をエネルギー源として消耗し始めるため朝のダイエット効果は高いと言えるでしょう。しかし全ての人がダイエットを目的とはしていません。ストレス解消のために歩いている人もおり、そのような人には夜のウォーキングがおすすめです。それは運動によって体力を使うことで深い眠りに入りやすくなり、リフレッシュ効果が高まるためです。また一日活動した後の状態なので体は動きやすく怪我が起こりにくいです。注意が必要なのは睡眠の直前にはしないということです。運動から睡眠への時間が近すぎるとかえって寝つきが悪くなってしまうのです。そこで目安としては寝る2時間前までには運動を終えると良いでしょう。また日中に歩くのであれば気温が高く発汗が促されデトックス効果もありますが、熱中症には気を付けましょう。それぞれ時間帯によってメリットとデメリットがあるため自分に合う時間帯を選択して運動を続けていくことが大切です。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)