ウォーキングは健康維持に効果的

約 1 分
ウォーキングは健康維持に効果的

動いて健康に

ますます便利になる社会に対して人間の体は運動不足が進んでいます。生活において運動量が極端に少ないと体の機能がうまく働かなくなることもあり、適度に動かしてあげる必要があるのです。車などのマシンはたまにエンジンを付けて動かしてあげないと劣化が早まりますが、同じように人間の体も運動をすることでメンテナンスの効果を得られるのです。そしてそのメンテナンスにハードな運動は必要ありません。強靭な体にしようとしたときや競技として相手に勝とうとするならばそれだけの運動量では足りないかもしれません。目的に応じた運動量を達成できれば良いのです。

ウォーキングは簡単

健康維持のためスポーツジムに通う人もいます。そこでは様々な器具がそろっており、室内でランニングや大きな負荷をかけた筋トレができることなどがメリットです。もちろんこれらの利用も効果的で、ジムに通ったとしても自分のペースで運動すれば良いのです。しかし運動としてウォーキングをしていこうと考える人の場合には外で歩くことによってコストを下げることができ、また歩くだけでも色んな効果が期待できるのでウォーキングは非常に良い運動であると言えるでしょう。また誰のアドバイスがなくとも簡単に始められます。

どんな効果がある?

歩くことはれっきとした運動であるためエネルギーを消費すること、そして筋肉を使うことで鍛えていくことができます。体脂肪率がすでに低い人や筋肉量がそれほど少なくないような人であればウォーキングで劇的な変化を得ることは難しいかもしれません。しかし健康的な人の場合、変化がないということは逆に良いことでもあります。徐々に発生してくる体の劣化などの予防となっているからです。改善ではなく予防の場合変化が起こらないため効果の実感をすることは難しいですが、続けていけば、何もしていない人と比べて将来的に差が出てくることでしょう。こうした生活習慣の違いから発生するのが生活習慣病です。これは主に運動不足や肥満が原因であることが多く気づくことが難しいのが特徴です。これは日々の積み重ねによるため偏食であることやストレスの蓄積、喫煙や飲酒で引き起こされます。これに気づけないまま進行していくと脳や心臓にダメージを与え続け、臨界点に達すると脳卒中や心筋梗塞など大きな病気を引き起こすことになるのです。ウォーキングをすることでこうしたリスクを少しでも下げて健康寿命の延伸を図っていきましょう。

精神面にも効果てきめん

ウォーキングでは負担も少なくストレスの解消にとても効果的な運動です。ウォーキングのために外を歩いていると色んな景色が見え、風を感じることなどでリフレッシュすることができます。また普段よりも深い呼吸をすることや血液の循環を促進することなどから自律神経に影響を及ぼしバランスを整えることで精神の安定を得ることに繋がります。これから健康の維持をして、起こると想定される体への支障を予防するためにも運動をしていくことは大切です。これまでスポーツとは無縁であった人でも関係なくスタートできるのがウォーキングの良さでもあるので、まずは試してみても良いかもしれません。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)