ウォーキングが効果的になる時間とは

約 1 分
ウォーキングが効果的になる時間とは

健康促進のためのウォーキング

テレビや新聞、インターネットを介して健康志向が促進されることで食事内容の改善や毎日の生活習慣を見直す流れが起こっています。このブームがあることで、外に出てみるとウォーキングをしている人を見かけることも多くなりました。男女問わず若い人から高齢の方まで、そして早朝にしている人夜にしている人など、様々です。健康を保つための運動として、ウォーキングは始めやすいからこそこれだけ多くの人が取り組んでいるのです。スポーツであれば道具や場所など、始めるにはいくつかの条件が出てきますが、ウォーキングに関しては歩くだけなのでしいて言えばシューズとウェアさえあればできるのでその点も人気の理由です。しかしウォーキングでは激しい運動ができないためあまり効果が期待できないのではないかという懸念が出てくるかもしれませんが、こちらについても心配は必要ありません。ウォーキングにはウォーキングの効果があるのです。

ウォーキングの効果

ウォーキングには脂肪を燃焼する効果があります。そのためたるんだ体を引き締めたい、または太りすぎで不健康気味なので体脂肪を落としたいといった人にも最適で、これまでにスポーツ経験がなくても問題はありません。ウォーキングとは有酸素運動に分類される運動であり、運動中に酸素を多く取り入れることで脂肪の燃焼効率を上げています。負荷の大きな激しい運動の場合だと活動中の酸素吸収量が少ないため脂肪の燃焼よりも糖質の消費が大きくなってくるため、脂肪燃焼という面においてウォーキングは優秀な運動なのです。さらにこの脂肪分とは目に見える表面上の肉だけでなく血液にも影響を及ぼします。不摂生な食生活でドロドロになった血液をサラサラにする効果もあります。この他副交感神経に作用することで自律神経のバランスを整えるという効果などもあります。

効果的な時間

ウォーキングの効果を高めるにはいくつかの方法があります。まず、有酸素運動として脂肪の燃焼を始めるには時間がかかると言われており、このことを考慮すると一回のウォーキングで30分以上の継続が効果を高めるとされているのです。もう一つ、効率を上げる方法として時間の長さではなくウォーキングをする時間帯の問題です。人間には毎日の生活リズムがあり、時間によって体の状態も異なってきます。一般によく分かれるパターンとしては朝型と夜型があります。日中には仕事や学校など別の活動をしなくてはならないため、朝早く起きてするか仕事終わりの夜にすることが多くなるのです。それぞれにメリットがありますが、脂肪燃焼の面で言うと空腹であることの多い朝のほうが効率的です。空腹時には体内に糖分が少ないことからエネルギー源を脂肪分から取ってくる割合が高くなるためです。とは言っても朝起きるのが苦手な人もいるかと思います。朝以外には全て効率が悪いということではなく食事前の空腹時であれば効率を上げることはできるため、可能であれば夜の食事前にウォーキングをしてみても良いかもしれません。

朝や食事前のウォーキングで脂肪燃焼

ウォーキングを限られた時間内でしか行えない場合にはできるだけ効率を上げたいものです。そのようなときには糖分の少ない起床後や空腹になる食事前を狙ってすると良いでしょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)