ウォーキングが効果的な時間帯

約 1 分
ウォーキングが効果的な時間帯

ウォーキングで脂肪燃焼

ウォーキングは比較的負担も小さい手軽な運動で、健康状態の改善や体力向上のために習慣化している人たちも多くいます。この習慣化のしやすさもウォーキングの良いところであり、特別に用意しなくてはならない器具などもありません。そんなウォーキングをしている人たちにもそれぞれの理由がありますが、ダイエットとして行い脂肪燃焼を目的としている割合が高いです。できるだけ労力を使わず毎日のリフレッシュも兼ねて脂肪を落としていければモチベーションも高く保ったまま続けられることでしょう。この他、ウォーキングによる細かい効果を挙げていくと、バランスを良く筋肉がつけられること、自律神経を整えること、呼吸器の機能改善など多くのことが期待できるのです。

時間帯によって効果が異なる

ウォーキングによって人体という非常に複雑なものへの影響を与えることになりますが、その複雑さ故に個人差が大きくでることや、体調のちょっとした変化で作用が変わってくることもあります。私たちが実際にウォーキングをしようと考えたとき直面する問題の一つに時間帯の選択という点があります。朝起きた後にするのか、日の昇った昼間にするのか、それとも寝る前の夜にしたほうが良いのかといったことです。こうした時間帯は人体への影響に変化を与えます。それは単純なものではなく、その人の生活習慣や栄養バランスにも関係があることなのです。

朝のウォーキング

朝は睡眠中の長い間栄養補給をしていないため空腹であることや、血糖値が低くなっていることが多いです。朝にウォーキングをすることの大きな特徴はこの糖質の少なさにあります。脂肪を燃焼させようと思い運動を始めても人間の体はそのエネルギー源としてまず糖質から消費する傾向があります。そして糖質が足りなくなってきたころに脂質を使い始めることになるので、そこからがダイエット効果の高い状態ということになります。そのため低血糖となる朝方には脂肪燃焼効率が高く効果的だと言えます。しかし問題なことにあまりに低血糖であると貧血や頭痛、めまいなどが起こることもあるため普段からこのような症状になりがちな人には注意が必要です。

昼のウォーキング

昼間には午前中の活動によってウォーミングアップがされたのと同じような状態となり、体が動きやすく運動量を増やすこともできます。そして外が暗い状況で一人歩くより防犯にもなります。デメリットを挙げるとすれば暑さや紫外線の問題です。夏場には熱中症にも注意しなくてはなりません。

夜のウォーキング

ウォーキングをいつ行っても、脂肪を燃やすことができることに違いはありませんが、夜行うことによる大きなメリットは体のメンテナンスに関わることです。そもそもウォーキングには副交感神経に良い刺激を与える効果があり、リフレッシュやリラックス効果が期待できます。夜にウォーキングをすることでしっかりと呼吸をし、その後の睡眠の質を高め、体を効果的に休めることができるのです。しかし寝る直前にしてしまうとかえって寝られなくなることもあるため睡眠の1時間から2時間以上前にするようにしましょう。

効果と自分の生活リズムを考え総合的に判断しよう

一概に誰にでも合う時間帯を示すことはできませんが、全体的な傾向としては朝のウォーキングで脂肪燃焼、夜のウォーキングでリラックス効果がより得られると考えてよいでしょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)