ウォーキングがもたらす健康への効果

約 1 分
ウォーキングがもたらす健康への効果

体を動かすことの重要性

普段から運動を積極的に取り入れて日々健康的な体作りが出来ている人は少ないと思います。運動をしたくても仕事やその他にしないといけないこともあると思います。また、そもそも運動が好きではないという人もいるでしょう。しかし人間の体は適度な運動をしていかないと徐々に肉体は劣化していくこととなり、生理的な機能も低下していきます。また、エネルギーの過剰摂取、つまり食べ過ぎているような人の場合には過剰な分エネルギーを消費していく必要があり、そうしなければぜい肉となりだらしない体になっていきます。そしてそれだけにとどまらず、深刻な病気を引き起こすことにも繋がりかねません。そこで毎日の生活に少しでも運動を取り入れられるよう考えていかなくてはならないのです。仕事終わりや学校終わりに自宅で少し筋トレをすることや、休日に何かスポーツをすることなど、ちょっとずつの運動を継続していけば肉体は確実に変化していくことでしょう。その運動の一つとして取り入れやすいものにウォーキングがあります。

ウォーキングの効果

ウォーキングを始めるには、動きやすい服と靴があればいつでもどこでもすることができます。難しい動作も何もなく、ごく基本的な動作、ただ歩くことでこれを実行できます。毎日のように歩くという行為をしているため、特に意識することなく行うことができますが、実は体の多くの筋肉や器官を使っているのです。こうしたことからウォーキングには数々の効果が期待できるのです。まず心肺機能の向上についてです。ウォーキングではそのスピードによって負荷が変化し、徐々に呼吸も大きくなってきます。そうすると心拍数が上がり、心臓や肺の機能を鍛えることができるのです。この他にも、呼吸には大きな意味があります。ウォーキングのように呼吸を充分にしながら動作することを有酸素運動と言いますが、その場合酸素の摂取量が多くなり脳にも酸素が多く届き、脳の働きを活性化する効果も出てきます。また当然足を動かし、上半身も腕を振り続けることなどから筋力の衰えを予防することも期待できます。筋肉は特に老化によって衰えてしまいますので意識して強化してあげる必要があります。運動することによる消費エネルギーの増加、そして有酸素運動による酸素の大量摂取によって脂肪の燃焼が始まります。そうすると結果として肥満の防止や生活習慣病を防ぐことにも効果を発揮してきます。先ほどの筋力強化によっても代謝が高まるため、筋トレとの相乗効果は大きいと言えるでしょう。ウォーキングでは負荷がそれほど大きくないため誰もが始めやすいものの、筋肉をつけることやダイエット効果に対して即効性はありません。しかし疲労を溜めないまま終えることもできるため毎日続けることが可能となり、無理なく続けることで長期的に痩せていく、または太りにくい体づくりをしていくことができるのです。

少しずつ取り入れてみよう

歩くことで実行できるため、時間のない人でも何かのついでとしてウォーキングは取り入れやすいです。例えば通勤時の移動で歩く距離を増やすこと、近くのスーパーへは車でなく歩きで行ってみるといったことなど方法は人それぞれにあります。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)