ウォーキングのダイエット効果

約 1 分
ウォーキングのダイエット効果

ポイントを抑えたウォーキングでダイエット効果を最大限に引き出しましょう。

ダイエットにつながる効果的なウォーキング

ダイエットを行うときには、食事と運動が重要なポイントとなりますが、ここでは効果的で簡単な運動方法のウォーキングについてご紹介いたします。歩くというのは何よりも良い運動になります。歩くことで筋力がアップされ、基礎代謝もあがりダイエットにつながります。

ウォーキングでダイエット効果を出す7つのポイント

ウォーキングはただ歩けば良いというわけではありません。ダイエットしたいあなたのために7つのポイントをまとめてみました。

1.姿勢良く歩きましょう

背筋を伸ばし、胸を張り、足を上げることを意識しながら歩くことがポイントです。特に痩せたい部分があれば、その部分の脂肪が燃焼しているイメージを意識して行うと良いでしょう。背中を丸めて下を向き、ダラダラ歩いていては全く効果が期待できません。

2.歩き方を意識しましょう

親指で踏み出し、かかとから着地する。これだけでいつもの歩き方とは全然変わったと感じると思います。姿勢良く、この歩き方をすると綺麗に歩くことができます。

3.速く歩きましょう

ダイエット効果を得るためのウォーキングの基本は早歩きです。この早歩きは人によってスピードが違いますので、目安としては、人とお話ができて、多少、息が上がる程度がおすすめです。

4.腕はしっかり振りましょう

早歩きウォーキングを正しい姿勢で行うために、こぶしを軽く握り、ひじを90度に曲げてしっかり振りましょう。腕を振ることでウォーキングの疲れも軽減されます。

5.決めた距離だけにしましょう

いつもと同じ距離をウォーキングしていても、日によってはもう少し歩けそうだと思うときがあります。が、明日へ疲れをできるだけ残さないためにも、決めた距離だけで終わりにして、毎日継続した方がダイエット効果は高いでしょう。

6.専用のシューズを用意しましょう

ウォーキングシューズは、ウォーキングの足の動きに合わせた設計で、歩く上で体の負担が少なく、疲れにくいように作られていますので、是非用意しましょう。

7.動きやすい服装にしましょう

季節にあわせた服装にしましょう。汗をかく場合には通気性の良い服装で、汗かきな人は、汗を拭うタオルなどがあればなお良いです。

30分間のエクササイズウォーキングが効果的

エクササイズウォーキングとは歩くことを積極的なスポーツとして捉えたウォーキング法で、心肺機能、筋肉量の向上、体重減少などを目的としたウォーキングです。

1日8000歩が効果的

今現在の自身の運動量を増やすことで余分な脂肪を消費させることが大切で、1日に8000歩がダイエットには理想的という研究結果が報告されています。

空腹時早朝ウォーキングが効果的

朝食前の空腹時は、血糖値が下がっているので脂肪燃焼されやすい状態ですのでダイエットにおすすめの時間帯と言えます。ですが、糖尿病などの持病をお持ちの方は低血糖を招く恐れがありますので、必ずかかりつけの医師に相談しながら行ってください。

歩数計やカロリー消費量のわかるアプリが効果的

歩数計やカロリー消費がわかるアプリを利用することで、結果や効果が数字として確認できますのでモチベーションアップにつながり、ダイエットに効果的です。ダイエットのためには無理をしないで、長く続けることをおすすめします。

 

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)