ウォーキングで得られる自律神経への効果

約 1 分
ウォーキングで得られる自律神経への効果

適度な運動で健康に

健康や医療など、私たちの体に関係する情報が近年多く発信されるようになり国民全体の意識が高まってきています。医学にはまだまだ解明されていないことも多く、不健康を完全に取り除いた生活を見つけ出すことは難しいです。しかしながら一般に健康な方向へと向かうと考えられている方法はいくつか示されています。この一つとして、大きな個人差を考えなければ、適度な運動をすることで健康な身体づくりができるとされています。そしてこの運動の中で最も手軽にできるものとしてウォーキングが挙げられます。ウォーキングは人間の歩くという基本的な動きの延長にあるため無理なく続けられるという利点があります。そこで、ウォーキングをすることによる具体的な効果を紹介していきます。

自律神経への影響

ウォーキングは野球やサッカーのようなスポーツやジョギングなどと比べても強度が弱く、その分得られる効果が少ないように思われますが、実は負荷の大きさの違いによって体に及ぼす影響が異なってくるのです。特に自律神経に着目した場合、運動時の呼吸が重要になってきます。呼吸の面で運動を区分すると、まず無酸素運動と有酸素運動に分けられます。全力疾走のような非常に負荷のある運動の場合には呼吸が少なく無酸素運動となります。一方ウォーキングや軽いジョギング程度であれば酸素をよく取り入れながら運動することになり有酸素運動となります。自律神経を整えるためにはこの有酸素運動の中でも深くゆっくりとした呼吸が効果的であるためウォーキングが良いとされています。このことは副交感神経に作用することで自律神経に影響を及ぼすと考えられているからです。そもそも自律神経とは人間の体内において様々な働きをしてくれる無意識の調整機能を意味します。内臓の働きを意識的にしていないことを考えると分かりやすいです。そしてそのうち副交感神経とは、交感神経に対比される、メンテナンスを司る機能を果たします。副交感神経がしっかり機能することで体の回復へと繋がり健康な生活を実現できるようになります。ストレスを感じすぎると副交感神経の機能が低下してしまいメンテナンスが十分に行われず、病に犯される可能性が上がってくることになります。負荷の大きい運動にもメリットはあるものの副交感神経の機能を低下することもあり極端にハードな運動を続けているとかえって不健康になることもあるのです。こうしたことから、副交感神経の機能を高める運動をすることで自律神経を整えようとするならばウォーキングが効果的となるのです。

その他多くのメリット

自律神経への効果を先に述べましたが、ウォーキングにはその他多くの効果が期待できます。一つは多くの人が目的にもしているダイエット効果です。有酸素運動を数十分続けることで脂肪の燃焼が始まるため健康的にやせることができます。同様に血中の脂肪分も減少させることができるので血液をサラサラにし、血流を良くすることも可能です。

ウォーキングはバランスの良い運動である

運動をするということは基本的に生命においてメリットの多いものではありますが、デメリットに目を向けた場合、運動の種類によっては一長一短です。しかしウォーキングでは極端に偏りのある影響を及ぼすことはなくバランス良く体に作用してくれます。そして自律神経を整えるという意味でもバランスのとれた運動であると言えるでしょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)