1ヶ月でウォーキングの効果はあるのか

約 1 分
1ヶ月でウォーキングの効果はあるのか

ウォーキングによるダイエット効率

ウォーキングとは有酸素運動の中でも代表的な運動の一つです。非常に負荷が小さく、歩くという動作だけなので誰でも始めることができます。あらゆるスポーツにおいてダイエットの効果は期待できますが、その効果の大きさや効率には大きな差が生まれてきます。例えば負荷がとても大きくキツイ運動をすれば体重減少の絶対値は増える傾向にあります。しかしそのキツさやかけた時間等を考慮したときの効率を考えたとき、楽に行うことのできるウォーキングも優秀であると言えます。ウォーキングによるダイエットで良いポイントは体感として疲労があまり無いところです。負荷の小ささから、体重減少のスピードは急激なものを期待することはできませんが、継続しやすく長期的に見た場合体重の面も含め健康的な体を作っていくことができるでしょう。

ウォーキングで得られる様々な効果

ウォーキングにはダイエット以外にも多くの効果が期待できます。ダイエットと関係性の高いもので言えば、血中の健康具合です。栄養バランスに偏りのある食事を続けることや適切な運動量をこなしていない場合、血液中の脂肪分も増加してきます。いわゆる血がドロドロといった状態になってくるのです。血液の状態が悪くなってくると動脈硬化など色んな症状が出てきます。こうした脂肪分の燃焼を引き起こすことで健康な体の形成をしていくのです。またウォーキングでは数分単位の短時間で行うような運動ではありません。一回で行う時間は30分以上を推奨されており、最低でも20分以上歩くほうが良いとされています。するとこの時間の間は一定のリズムで呼吸を続けることになり、その運動時の肺の働きは通常時に比べて大きなものとなります。その結果肺機能を鍛えることにもなってきます。さらに呼吸を長時間穏やかにかつしっかりと行うことで自律神経の調整にも効果を発揮し、精神的にも落ち着きを得られることとなります。

1ヶ月で得られる効果

筋肉、脂肪、肺、精神などに良い影響を及ぼすことを説明しましたが、ウォーキングを始める動機として最も多いのはやはりダイエットだと思います。そこでダイエットの効果に着目したとき、1か月でどれくらいの変化が見えるのでしょうか。一般的なパターンから言うと、実は1ヶ月での劇的な結果を求めるのは難しいです。ウォーキングではそもそもの運動量がそれほど大きくないため急に体脂肪が落ちることはありません。しかし、運動に加えて食事内容に問題があった人がその点においても見直しをすれば相乗的に効果を発揮し1ヶ月でも数キロの体重減が見られることは十分に考えられます。結果を得られなかった人も悲観することはありません。元の筋肉量が不足していた人の場合には、ウォーキングによって脂肪燃焼が行われる一方で筋肉もついてくるので体重としてはあまり変化しないということもあります。この場合もうあと数か月継続していけば、ついた筋肉による代謝の向上でより脂肪燃焼の効率を上げることにもなってくるため根気よく続けることが大切です。

長期的に続けることが重要

1ヶ月での効果に個人差はあるもののあまり大きな結果を得るのは難しいと考えるのが普通です。とは言っても継続していくことで必ず変化は表れてくるため、少なくとも3か月は続けてみると良いでしょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)