ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

口臭が気になるあなた! ウォーキングでストレスと腸内環境を改善する

約 1 分
口臭が気になるあなた! ウォーキングでストレスと腸内環境を改善する

自分では気づきにくく、他人からは指摘しづらいのが口臭です。口臭が原因で知らないうちに人間関係が悪くなり、仕事や友人関係にマイナスになることもあります。このやっかいな口臭がウォーキングで解消することができるのです。ここでは、口臭がウォーキングで解消されるメカニズムをチェック、ダイエット効果だけではないウォーキングの魅力を紹介します。

1.口臭の原因をチェック!

にんにくやニラなど臭いの強い食物を食べ過ぎてしまうと口臭に悩まされます。口臭は病的な口臭と生理的な口臭に分けられますがご自身はどうでしょうか?チェックしてみましょう。

歯周病や虫歯が原因

病的な口臭として主なものは口腔内の病気です。その代表格は歯周病(歯槽膿漏)と虫歯です。歯周病や虫歯は口腔内の菌が活性化して、その菌が発生させる毒素が臭いの原因になります。このような口腔内の病気に原因がある場合は、歯科医で治療をするのが最善の方法です。そして、口腔内の衛星の基本は、自分にあった歯ブラシでブラッシングをすることです。

腸内環境の悪化とストレスが原因

生理的な口臭の原因としては、意外に思われるかもしれませんが腸内環境の悪化とストレスです。腸内環境が悪化すると免疫力が低下して風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなるなど、さまざまな不調が現れてきます。また、女性の大敵である便秘の原因も腸内環境が悪化することで引き起こされます。この腸内に溜まった便は、有毒ガスを発生させ
血液中に溶け込んで肺に運ばれます。そして、肺から呼気として吐き出されるときに有毒ガスの臭いが口臭になってしまうのです。

また、現代はストレス社会と言われていますが、仕事や就活、育児、人間関係などたくさんのストレスを受けながら生活しています。ストレスを溜め込んでいくと、自律神経のバランスが崩れて唾液が分泌されにくくなり”ドライマウス”の状態になります。唾液には消化作用の他に殺菌作用がありますが、唾液の分泌が減ることで口の中の細菌が増殖して口臭の原因になるのです。また、ストレスが原因となる便秘もあり、まさにストレスは諸悪の根源です。

2.ウォーキングで口臭を予防するメカニズム

ウォーキングを続けていくことで口臭予防の効果があるのは、前述した生理的な口臭の方です。ウォーキングで口臭が解消されるメカニズムは次のようになります。

血流改善で新陳代謝が活性化する!

ウォーキングは代表的な有酸素運動ですが、激しい運動はストレスになることもありますが、リラックスできるウォーキングはストレス解消になります。さらに、酸素を体内に取り込み体脂肪を燃焼させてエネルギーを生み出す過程で、酸素は血液によって体内を巡ります。適度な有酸素運動は血流を良くして、その結果、腸の働きを活性化させていきます。血流が改善されていくと、体内では新陳代謝が活発になり便などの老廃物は体外にスムーズに排出されていきます。また、腸が活性化することで蠕動運動(便を押し出す動き)も活発になり便秘が解消されていきます。

適度な疲労は睡眠の質を向上させる!

ウォーキングによる適度な運動は、適度な疲労を生み心地よい睡眠につながります。このようにして質の良い睡眠を確保すると疲労回復につながりストレスが解消されていきます。また、起床時間や就寝時間など規則正しい生活習慣にもつながり、ストレスを溜め込まない生活になっていきます。さらに、質の良い睡眠は腸の善玉菌の働きを活性化させ腸内環境も良くします。

食生活も改善して効果アップ

腸内環境が良くなる食事に改善していくことで口臭予防効果はアップしていきます。ポイントはビフィズス菌や乳酸菌の入った飲料や、漬物や納豆などの発酵食品を摂ることです。また、食品添加物の多い食品は善玉菌を減らすので避けるようにします。さらに、暴飲暴食は有害物質を増やし腸内環境を悪化させる原因になります。

3.まとめ

女性は男性に比べてホルモンのバランスの変化など口臭が発生しやすくなります。日頃の体調をチェックしながら、ウォーキングで運動不足を解消ながら、さらに口臭予防にも役立ててみましょう。ウォーキングは継続していけば健康に良いことがたくさん現れてきます。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)