ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

女性必見!1日たった30分のウォーキングで美肌になる方法を教えます

約 1 分
女性必見!1日たった30分のウォーキングで美肌になる方法を教えます

ウォーキングを始めてから健康になったというお話をよく耳にします。有酸素運動のウォーキングは、体に蓄積された余計な脂肪を燃焼させて体重を落としていきます。そして、そればかりか他にも驚きの効果があるのです。ここでは、リラックスウォーキングの健康効果について紹介します。

1.自律神経が安定し、質の良い睡眠が得られる

ウォーキングは、ゆっくりとした深い呼吸を繰り返しながら歩いていきます。このゆっくりとした呼吸は副交感神経を刺激し、末梢血管の血流量が増えていきます。血流がよくなると筋肉は弛緩して体全体がリラックスしていきます。体幹を意識したリラックスウォーキングを行うみことで、よりリラックス効果を高めることができます。

夜にウォーキングをすると、副交感神経が優位になり、休養モードにスムーズに移行することができます。睡眠不足や不眠症の方には夜のウォーキングがおすすめです。ぐっすり眠るためには、ハァハァゼイゼイの激しい運動よりも、体がリラックスするウォーキングの方がよく眠ることができます。

日中は活動モードの交感神経が優位になり、夜は副交感神経が優位になると、自律神経のバランスが良くなります。自律神経が安定することでぐっすり熟睡することができ、さらに便通が良くなり新陳代謝も活発になるなど、健康には良いことばかりです。

2.新陳代謝が活発になり美肌になる

有酸素運動のウォーキングは、酸素を体内各部に運搬するため、血管内に流れる血流が良くなります。血流が良くなることで新陳代謝が活発になり、古い細胞が新しい細胞に再生されていきます。肌細胞も新しくきれいなものにどんどん再生されていき、美肌効果が高まっていくのです。

さらに、良質な睡眠によってストレスを解消し、肌荒れを防ぐことができます。また、夏場には発汗が多くなるので、毛穴に溜まっている老廃物を外に出す効果があります。毛穴を清潔にしておくと、ニキビなどの吹き出物を防ぐことになります。

3.脳内の血流量が増えて脳が活性化する

ウォーキングでは、ゆっくりとした深い呼吸で酸素を取り込み、脳内にも新鮮な酸素がたくさん供給されて悩が活性化していきます。さらに、ウォーキングの筋肉活動が悩の前頭葉を刺激し、思考力や判断力が増していきます。

悩が活性化するということは、脳内を流れる血液の量が増えるということです。血流量が増えていくと、脳細胞(ニューロン)同士をつないでいる神経細胞(シナプス)が増えていくことになるのです。このことで、悩の老化を防ぐことができますし、うつなどの神経症の改善にも効果があります。

4.生活習慣病の予防になる

生活習慣病は、偏った食事、運動不足や過度のストレス、飲酒、喫煙などの好ましくない生活習慣が積み重なって発症します。生活習慣病には、高血圧や糖尿病、脂質異常症などがあり、心臓や悩の血管に大きなダメージを与えます。

糖質や脂肪を燃焼するウォーキングは、体内の血流を良くして心臓や血管などの循環器の機能を高める効果があります。また、ストレスを解消し質の良い睡眠も確保することができるので、生活習慣病の予防にはウォーキングが最適です。このような健康意識の高まりが、ここ最近のウォーキングやランニングのブームを支えているのです。

5.新陳代謝の促進は薄毛の解消にもなる

意外かもしれませんが、ウォーキングには育毛効果もあるのです。血行が促進されることで新陳代謝が促進されていき、頭皮や毛乳頭でも細胞分裂が促進され育毛効果が高まっていきます。

さらに、発汗によって抜け毛の原因となる脱毛ホルモンを体外に排出する作用があり、また、頭皮の皮脂や汚れがスムーズに排出されるので髪が抜けにくくなります。薄毛の原因としてストレスがありますが、適度な運動はストレスを解消し育毛効果を高めていきます。

6.まとめ

朝のウォーキングは脂肪燃焼効率が良く、夜のウォーキングは自律神経を安定させていきます。運動強度がそれほど強くないウォーキングは、けがや故障の心配もなく、楽しく続けていくことができます。ぜひ、ウォーキングを続けて、充実した健康ライフを実現してみて下さい。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)