ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

新陳代謝を促進、素肌美人への第1歩はウォーキングから

約 1 分
新陳代謝を促進、素肌美人への第1歩はウォーキングから

ストレスが溜まりやすい現代社会では、お肌のトラブルも引き起こしやすくなります。

肌トラブルではウォーキングで新陳代謝を上げて美肌を保つのもいかがでしょうか。

運動不足と美肌

運動不足はお肌の美容にもたくさんの悪影響を及ぼします。

運動不足では血液が滞りがちになり血行不良になり、目のくまやお肌のくすみ、老廃物が溜まりニキビができやすくなり、毛穴は黒ずみができて、不規則な生活や不眠によるストレスが肌荒れを繰り返し引き起こします。

また体全体のむくみにも繋がるので美容を意識している人も定期的に運動しましょう。

新陳代謝を上げて美肌を保つ

ウォーキングのような継続した運動は、体の脂肪を燃焼しやすく代謝の良い体質にしてくれます。

代謝が良くなれば古い細胞から新しい細胞への循環も良く、適度な保湿にも繋げてくれます。

その結果、内側と外側から健康美容を意識出来て美肌に整えてくれます。

血流の促進で美肌をキープ

全身を流れる血流の働きが活発になれば全身の機能にも影響を与えます。

いらないものは排出されやすくなり、必要な物質が分泌できることで肌が荒れることを防ぎます。

また肌の調子を整えるビタミンやミネラルも行き渡ることでハリやツヤも生まれます。

ウォーキングでは継続した運動で体温を上昇させることで、より血液の流れが活発にすることができ、リンパの流れも改善できます。

β-エンドルフィンと美肌の関係

気分の高揚、幸福感等も得られるβ-エンドルフィンは、血液循環を良くして肌にも良い影響を与えます。

β-エンドルフィンは栄養を行き渡らせて、健やかな肌と皺の予防にも効果を発揮します。

太陽の光も肌に影響

紫外線は肌にダメージばかりを与えると思いがちですが、殺菌効果で肌を清潔に保ってくれることも期待できます。

また太陽の光を浴びて体内で幸福ホルモンのセロトニンが作られれば、ストレス発散になり吹き出物等の悪影響も防ぐことができるのです。

ただし太陽は浴び過ぎれば日焼けや、汗をかいたままでいることによるお肌へのトラブルも考えられます。

ウォーキングをして汗をかいたら汗ふきシートで拭いたりシャワーを浴びて清潔な状態を保つようにしましょう。

敏感肌の改善

乾燥性脂性肌(隠れ乾燥肌)の人は、運動量を改善する必要があります。

お肌に潤いを保つためには適度な運動が大切です。

肌の免疫力もアップ

運動することでストレスが発散できると、外側と内側あから免疫力も高まります。

美肌には、肌のバリア機能も高めて楽しみながら行えるようにしましょう。

※生理中のウォーキングは逆効果になることもあるので注意します。

骨盤の周りは冷えないように、国民的アニメ「クレヨンしんちゃん」でよく見られるお尻歩きや足を延ばしたままの骨盤体操で温めましょう。

水分補給で新陳代謝アップ

血液をさらさらにしてお肌にもいい影響を与えるためにはこまめな水分補給が大切です。

特に朝のウォーキングでは血液が滞りがちになっています。

ウォーキングを始める前にはコップ1杯(100~150ml)の水を飲んでからお肌への効果を実感しましょう。

さいごに

美肌のための適度なウォーキングは週に2回で1回20分から始めましょう。

水分補給で新陳代謝も活発にして肌トラブルを未然に防ぎましょう。もちろん肌トラブルの改善にも最適です。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)