ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

シェイプアップのためのウォーキング!足も鍛えて燃焼効果を期待

約 1 分
シェイプアップのためのウォーキング!足も鍛えて燃焼効果を期待

体のシェイプアップのウォーキングには体全身を大きく使って効果的にします。

リズムもとりながら呼吸でも体の中からシェイプアップできるようにしましょう。

ストレッチで燃焼力アップ

ウォーキング前後のストレッチは体を傷めないようにするほか、体を効果的に使えるようにできます。

体の可動域を大きくしてから無理のない程度に大きく体を振って柔らかくしましょう。

飲み物はコーヒーがおすすめ!

ウォーキング前にはお腹が空腹の状態ではないかを確認します。

空腹であれば車で言うガソリンが無い状態なので、バナナやヨーグルト等の吸収と消化の良いものを食べて30分程おいてから行いましょう。

飲み物はコップ1杯(100~150ml程度)の水を飲んでから、体を燃焼しやすい体調に整えます。

飲み物はコーヒーやお茶等のカフェイン飲料で脂肪を分解しやすくするのもおすすめです。

ウォーキング後は低脂肪乳や豆乳でシェイプアップしやすい体つくりを目指します。

まっすぐな姿勢で脂肪燃焼

姿勢は天井からつられているような気持ちでまっすぐに立ちます。

壁に頭と肩、背中、お尻、足をしっかりと付けた時の姿勢に近いです。

姿勢が良いことで全身に血液と酸素がめぐりやすくなり、効果的に体を動かせることで脂肪も燃焼しやすくなります。

シェイプアップのポイント

背は猫背にならないように肩を少し引いて胸は張りましょう。

つま先や下を向いて歩かずに視線は10~15m先を見るように歩きます。

これだけでも肺に酸素が取り込める量が増えて、シェイプアップにも繋がります。

胸は張り過ぎて腰を傷めないように気を付けましょう。

歩幅を大きく!シェイプアップを実感

歩幅は普段より少し大きく足を踏み出し、着地はかかとから行います

歩く時はつま先で地面を蹴って、足全体の筋肉を使いましょう。

特にお尻の下側や太もも裏側の筋肉に効果的に効いているか意識しながら歩くと良いでしょう。

これらの筋肉が使われることで代謝量が上がり痩せやすい体が作れます。

手も大きく振ってウォーキング効果倍増

足が大きく踏み出せる前には手が大きく振れているかが重要になります。

手の振りは前後に大きく振るだけで歩幅も自然に大きくなります。

手は後ろへ大きく振るように意識してみましょう。

二の腕のシェイプアップにもおすすめです。

お腹を意識したウォーキング

お腹を意識しながらのウォーキングや、腹式呼吸をしながらのウォーキングはお腹のシェイプアップに繋がります。

履く時には吸うときの倍の時間をかけて呼吸し、空気はへその下に入れるような感覚でおこないます。

慣れないうちは「吸う×2、吐く×2」で内側からもシェイプアップできるようにしましょう。

腰回りのシェイプアップ

腰回りは手を大きく振り、歩幅が広がることで自然と鍛えられます。

もっと腰回りをシェイプアップしたいときは無理をしない程度に上半身をひねってウォーキングをしたり、メディアでも人気のデュークウォークで両手を合わせて伸ばしながら片足を交互にして歩くようにして腰も左右に曲げて歩きます。

このときも「シュツ×2」と声出しをしながら行えば内側からも効いてきます。

下っ腹やぽっこりお腹、横のお肉が気になる人には特におすすめです。

医療脱毛×美肌×ウォーキングのCMでまたデュークウォークの健康美容が注目されている今、歩き方も綺麗にしてみるのはいかがでしょうか。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)