ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

心にも青空!ウォーキングでストレス解消ができる仕組みとは

約 1 分
心にも青空!ウォーキングでストレス解消ができる仕組みとは

健康の維持には適度な食事や睡眠、運動が大切です。

その中でも運動は誰でも手軽に行えるウォーキングで心の状態も整えましょう。

ウォーキングでストレス解消

健康維持にはジョギングの方が効果があると思いがちですが、心の健康維持にも努めたいときにはウォーキングの方がおすすめです。

ウォーキングは適度な速さで呼吸も整えて、副交感神経を優位(交感神経よりも活発)な状態にしましょう。

中高年とストレス

年齢とともに副交感神経のレベルが下がりがちで、更年期障害といった病気や障害になりやすいときにもウォーキングで予防します。

呼吸は深く呼吸できることで血流が良くなり、体の隅々まで酸素や栄養が行き渡るようにできます。

これにより活き活きとした活動も応援してくれます。

リラックス効果

ウォーキング中のゆったりとした深い呼吸は血流量が上がり、こわばりがちな筋肉ものびやかにすることで心もリラックスできます。

呼吸は吸うことよりも吐くことに重きを置いて、吐く時には吸うときのの倍の時間をかけて吐きます。

頸部(首)にある受容体は、呼吸により刺激されることで自律神経の副交感神経も優位にできます。

デスクワークの人もストレス解消

日々のウォーキングの時間帯は、朝起きてから1時間以内と寝る前1時間は控えます。

デスクワークの人は1日中机に向かっているので全身の血流も滞りがちです。しかし帰宅と共にウォーキングを行えば、血行不良による疲れも取り除くことができます。

また夜のゆったりとしたウォーキングは、副交感神経をより優位にできるので眠りの質も改善できます。

すると日々のストレスも発散されやすくなり、おまけに肩こりや腰痛等も軽減できるのでおすすめです。

ウォーキングでやる気が出る

ウォーキングは脳を活性化させて体のホルモン分泌も改善し、太陽を浴びることで幸福ホルモンのセロトニンも生成できます。

また脳の酸素が不足しがちになると「やる気が出ない」「イライラする」といった心の問題も出てきます。

そんなときにもウォーキングを行えば酸素量は30%以上アップして心の状態も整えやすくできるのです。

ウォーキングには覚醒作用もあるので、適度なウォーキングでメリハリをつけて過ごすのもいかがでしょうか。

ウォーキングコース

日々のウォーキングは時々違うコースを歩いてみたり、公園で行ったり、ウォーキングのイベントで人との関わりを楽しみながら行うのもおすすめです。

場所も木々が多くマイナスイオンを感じられるようなところで行えばより酸素量もリラックス効果も期待できます。

現代社会とストレス

現代のストレス社会は、私たちに複雑で過度なストレスを与え続けて、女性はホルモンのバランスも乱れやすくなり心も不安定になりがちです。

そんなときにも適度にウォーキングをして酸素量やホルモンを整えれれば、自然に解決できることも多いです。

普段であればウォーキングは30分を目安に、いつもより少し早いくらいのペースで歩き心も適度に落ち着かせます。

また適度なウォーキングはβーエンドルフィンというホルモンを分泌して、鎮痛効果や気持ちの安定、幸福感等も期待できます。

ウォーキングから自然な気分の高揚を応援して嫌なストレスも発散できる体つくりを目指しましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)