ウォーキングによる消費カロリーをアプリで自動計算

約 1 分
ウォーキングによる消費カロリーをアプリで自動計算

ウォーキングで大事なことは継続

歩く行為は人間の行う行動の中でもごく基本的なものです。ウォーキングではこれを意識して行うことで運動としての様々な効果を期待することができます。できるだけ体に負担が少ない運動であること、比較的簡単に始められることから多くの人が日常的にウォーキングを行い、ダイエットや生活習慣病の予防などに励んでいます。しかしながらウォーキングでは負担が少ないことの裏返しとして、一度の運動における効果が小さいという弱点があります。より負荷の大きな運動であれば怪我の可能性などが上がるデメリットもあるものの、期間的には短くて済みます。ウォーキングは負荷の緩急も少なく、穏やかな有酸素運動と言えます。そのため酸素を多く取り入れながら運動することが可能で、脂肪燃焼には効果が期待できます。また負荷の多くは足にかかるため筋肉の強化も考えられます。しかしどちらも長期間行うことでようやく変化を感じることができるものです。最低でも3か月、しかも一度の運動時間は1時間以上が望ましいとも言われています。

モチベーションを維持しなくてはならない

このような長時間かつ長期間継続して運動をするには何かモチベーションを保つ工夫も必要となります。ダイエットなどの目標に向けて並々ならぬ執念を持っているような人であればそれでも良いですが、動機として弱い理由で始めた人は三日坊主で終わってしまうということもよくあります。また、自分の運動の適量を調べるには消費カロリーの計算もする必要があります。しかし計算などが煩わしいと思う人にはこれもモチベーションを下げる要因となってしまうことでしょう。そこで昨今ではアプリなどでこのような計算を自動で行ってくれるものもあります。またそうした計算機能に加えていくつもの管理機能も備わっているものが多いです。

アプリを使って楽しく歩こう

ウォーキング関連のアプリはいくつもあり、各々に合ったものを選択すると良いでしょう。どれも楽しく続けられるよう作られておりカロリー計算についてはほとんどのものに付いています。その他よくある機能として歩数の計算、距離や歩いた時間のメモ、これらをまとめた過去のデータなどの閲覧などが挙げられます。その日歩いた分の消費カロリーが分かるだけではなく、今までのデータが残っており歩いた量の推移やトータルでどれだけ歩いたのかまた費やした時間はいくらなのかといった気になる情報も自動で計算し見ることができるのです。こうしたデータは蓄積すればするほど見応えが出てきて楽しくなってくるため、歩きたいと思わせてくれるものとなるのでしょう。またSNSへ成果を発信する機能があるアプリもあり、同じような仲間を見つけることもできます。またこの場合には他の人の状況を見ることや、逆に見られることによってサボるのを防いでくれる効果もあります。またこれらとは少し異なるテイストのものであれば、ウォーキングをした量に応じてゲームを進められるといったものもあり、いずれも楽しく続けることができそうです。少しでも興味が出た方は是非アプリを検索してみて、無料のものがほとんどなのでまずは試してみることをお勧めします。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)