ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

重さ7.3〜10.9キロの荷物を運んだ時の消費カロリー

約 1 分
重さ7.3〜10.9キロの荷物を運んだ時の消費カロリー

1、重さ7.3〜10.9キロの荷物を運んだ時の体重別消費カロリー

重さ7.3〜10.9キロの荷物を運んだ時、どのくらいのカロリーを消費してるのでしょうか?
10分・20分・30分、重さ7.3〜10.9キロの荷物を運んだ時の消費カロリーを体重別にチェックしていきます。

体重が40キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、重さ7.3〜10.9キロの荷物を運んだ時42キロカロリー消費する計算になります。
20分で84キロカロリーです。
30分で126キロカロリーです。

体重が50キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、重さ7.3〜10.9キロの荷物を運んだ時53キロカロリー消費する計算になります。
20分で105キロカロリーです。
30分で158キロカロリーです。

体重が60キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、重さ7.3〜10.9キロの荷物を運んだ時63キロカロリー消費する計算になります。
20分で126キロカロリーです。
30分で189キロカロリーです。

体重が70キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、重さ7.3〜10.9キロの荷物を運んだ時74キロカロリー消費する計算になります。
20分で147キロカロリーです。
30分で221キロカロリーです。

体重が80キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、重さ7.3〜10.9キロの荷物を運んだ時84キロカロリー消費する計算になります。
20分で168キロカロリーです。
30分で252キロカロリーです。

体重が90キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、重さ7.3〜10.9キロの荷物を運んだ時95キロカロリー消費する計算になります。
20分で189キロカロリーです。
30分で284キロカロリーです。

体重が100キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、重さ7.3〜10.9キロの荷物を運んだ時105キロカロリー消費する計算になります。
20分で210キロカロリーです。
30分で315キロカロリーです。

体重が110キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、重さ7.3〜10.9キロの荷物を運んだ時116キロカロリー消費する計算になります。
20分で231キロカロリーです。
30分で347キロカロリーです。

体重が120キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、重さ7.3〜10.9キロの荷物を運んだ時126キロカロリー消費する計算になります。
20分で252キロカロリーです。
30分で378キロカロリーです。

参考までに食品のカロリーを上げておきます。
消費カロリーとの比較に活用して見てください。

(1)100キロカロリーの食品
コロッケ(2個) 50キロカロリー
アイスクリーム(100g) 100キロカロリー
豆腐(木綿) 72キロカロリー

(2)100〜300キロカロリーの食品
牛乳(1杯) 100キロカロリー
グリーンサラダ(1皿) 150キロカロリー
エビフライ(1個) 210キロカロリー
カキフライ(1個) 270キロカロリー
豚の生姜焼き(1皿) 230キロカロリー
パン(1切れ) 237キロカロリー
ご飯(1杯) 168キロカロリー

(3)300〜500キロカロリーの食品
カツカレー 350キロカロリー
ロースカツ 400キロカロリー
ビーフジャーキー 315キロカロリー
ウインナー 321キロカロリー
ベーコン 405キロカロリー
サラミ 497キロカロリー

(4)500キロカロリー以上の食品
肉じゃが 600キロカロリー
餃子(7個) 560キロカロリー
春巻き(3個) 520キロカロリー
チャーハン 750キロカロリー
塩ラーメン 500キロカロリー
味噌ラーメン 560キロカロリー
とんかつ定食 910キロカロリー
唐揚げ定食 1132キロカロリー

2、部屋の模様替えや引越し作業は消費カロリーアップに効果的です

重さ7.3〜10.9キロの荷物の場合、テレビや本棚、机やベットなどがその重さになります。
部屋の模様替えや引越し作業の時に運ぶ物の重さになります。

部屋の模様替えや引越し作業は、かなり大変ですが消費カロリーは短時間で高いです。
掃除の時にベッドを動かすのは面倒かもしれません。
しかし、ちゃんとベッドを動かしてから掃除をすれば、荷物を動かした時に消費カロリーがアップします。

掃除をするときも、しっかり荷物を動かしてから掃除をするようにしましょう。
季節によって部屋の模様替えをするのも、荷物をたくさん動かすので消費カロリーアップには最適です。

しかし、重さ7.3〜10.9キロの荷物の重さになると腰に負担がかかります。
荷物を運ぶ時は、しっかり腰を落として運ぶようにしましょう。
腰を痛める危険性があるので注意をしましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)