ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

ゆっくり散歩をしながら下り坂を歩いた時の消費カロリー

約 1 分
ゆっくり散歩をしながら下り坂を歩いた時の消費カロリー

1、分速67m/分(時速4キロ)で下り坂を歩いた時の体重別消費カロリー

分速67m/分で下り坂を歩いた時、どのくらいのカロリーを消費してるのでしょうか?
10分・20分・30分間、分速67m/分で下り坂を歩いた時の消費カロリーを体重別にチェックしていきます。

体重が40キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、分速67m/分で下り坂を歩くと20キロカロリー消費する計算になります。
20分で39キロカロリーです。
30分で59キロカロリーです。

体重が50キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、分速67m/分で下り坂を歩くと25キロカロリー消費する計算になります。
20分で49キロカロリーです。
30分で74キロカロリーです。

体重が60キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、分速67m/分で下り坂を歩くと29キロカロリー消費する計算になります。
20分で59キロカロリーです。
30分で88キロカロリーです。

体重が70キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、分速67m/分で下り坂を歩くと34キロカロリー消費する計算になります。
20分で69キロカロリーです。
30分で103キロカロリーです。

体重が80キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、分速67m/分で下り坂を歩くと39キロカロリー消費する計算になります。
20分で78キロカロリーです。
30分で118キロカロリーです。

体重が90キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、分速67m/分で下り坂を歩くと44キロカロリー消費する計算になります。
20分で88キロカロリーです。
30分で132キロカロリーです。

体重が100キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、分速67m/分で下り坂を歩くと49キロカロリー消費する計算になります。
20分で98キロカロリーです。
30分で147キロカロリーです。

体重が110キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、分速67m/分で下り坂を歩くと54キロカロリー消費する計算になります。
20分で108キロカロリーです。
30分で162キロカロリーです。

体重が120キロの人の場合の消費カロリーです。
10分、分速67m/分で下り坂を歩くと59キロカロリー消費する計算になります。
20分で118キロカロリーです。
30分で176キロカロリーです。

参考までに食品のカロリーを上げておきます。
消費カロリーとの比較に活用して見てください。

(1)100キロカロリーの食品
コロッケ(2個) 50キロカロリー
アイスクリーム(100g) 100キロカロリー
豆腐(木綿) 72キロカロリー

(2)100〜300キロカロリーの食品
牛乳(1杯) 100キロカロリー
グリーンサラダ(1皿) 150キロカロリー
エビフライ(1個) 210キロカロリー
カキフライ(1個) 270キロカロリー
豚の生姜焼き(1皿) 230キロカロリー
パン(1切れ) 237キロカロリー
ご飯(1杯) 168キロカロリー

(3)300〜500キロカロリーの食品
カツカレー 350キロカロリー
ロースカツ 400キロカロリー
ビーフジャーキー 315キロカロリー
ウインナー 321キロカロリー
ベーコン 405キロカロリー
サラミ 497キロカロリー

(4)500キロカロリー以上の食品
肉じゃが 600キロカロリー
餃子(7個) 560キロカロリー
春巻き(3個) 520キロカロリー
チャーハン 750キロカロリー
塩ラーメン 500キロカロリー
味噌ラーメン 560キロカロリー
とんかつ定食 910キロカロリー
唐揚げ定食 1132キロカロリー

2、分速67m/分で平地を歩いた時と、分速67m/分で下り坂を歩いた時の消費カロリー比較

まずは、分速67m/分で平地を歩いた時の消費カロリーです。

体重が50キロの人の場合の消費カロリーは次のようになります。
20分 53キロカロリー

次に、分速67m/分で下り坂を歩いた時の消費カロリーです。
体重が50キロの人の場合の消費カロリーは次のようになります。
20分 49キロカロリー

体重が70キロの人の場合の消費カロリーも見てみましょう。

まずは、分速67m/分で平地を歩いた時の消費カロリーです。

体重が70キロの人の場合の消費カロリーは次のようになります。
20分 74キロカロリー

次に、分速67m/分で下り坂を歩いた時の消費カロリーです。
体重が70キロの人の場合の消費カロリーは次のようになります。
20分 69キロカロリー

微妙にですが、平地を歩いた時のほうが消費カロリーが高いことがわかりました。
下り坂は自然とスピードがつきます。
自分の力を利用しなくても、早く歩けるのが消費カロリーの違いになっています。

消費カロリーアップを考えた場合は、平地を歩いたほうが効果的です。
平地ばかりでは飽きてしまうので、気分転換に下り坂を歩くのがいいです。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)