ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

呼吸を意識してウォーキングの消費カロリーアップをしよう

約 1 分
呼吸を意識してウォーキングの消費カロリーアップをしよう

1、呼吸を意識すれば消費カロリーがもっと上がる

普段から意識していないことの一つに、呼吸があります。
最近は呼吸が浅いのが原因で、体調が悪くなっているのが気がつかない人が多いです。

1日1回は大きく深呼吸をする時間を作りましょう。
できれば、寝る前はオススメの時間です。
ゆっくり大きく深呼吸することで体がリラックスして、質の良い睡眠をすることができます。

深呼吸することのメリットです。

(1)基礎代謝量が上がる
基礎代謝量が上がれば、効率よく消費カロリーを上げることができます。

(2)心肺機能が上がる
ゆっくり大きく深呼吸をすることによって、たくさん酸素を体の中に取り入れることができるので心肺機能の強化にもなります。

(3)血行が良くなる
体にたくさん酸素を取り入れることで血行が良くなります。
血行が良くなれば新陳代謝も上がり、消費カロリーがアップします。

(4)内臓脂肪が減る
腹筋を意識して深呼吸を行うと、お腹周りの臓器に刺激を与えることができます。
刺激によって臓器の動きが活発になります。
臓器の動きが活発になるとその周りの脂肪燃焼効果になり、内臓脂肪を減らす働きになるのです。

深呼吸でこんなに様々なメリットがあります。意識して積極的に行うようにしましょう。

深呼吸を取り入れるタイミングです。

(1)朝起きたら深呼吸
朝起きたら、まずはゆっくり深呼吸をしましょう。
体に酸素をたくさん取り入れて、体を起こしましょう。
脳にも酸素が行き渡り、頭もスッキリします。

(2)通勤途中に深呼吸
電車の中や歩いている時、深呼吸を取り入れましょう。
マスクをしていれば、大きく深呼吸しても恥ずかしくありません。
歩いている時に深呼吸を取り入れれば代謝が上がり、消費カロリーを増やすことができます。

(3)お昼休みや仕事の休憩中に深呼吸
ちょっとした休憩の時には、ぜひ深呼吸をしましょう。
体に酸素を取り込むことによって血行が良くなり、疲れが取れます。
軽くストレッチを入れれば、消費カロリーを上げることができます。

寝る前もオススメのタイミングです。
ぜひ、時間を見つけては深呼吸をするようにしましょう。

2、ウォーキングに深呼吸を取りれて消費カロリーアップ

ウォーキングをする前に、ストレッチをすると消費カロリーが上がります。
さらに深呼吸をするようにすれば、さらなる消費カロリーアップにつながります。

しっかりストレッチをしたら、ゆっくり深呼吸をして呼吸を整えましょう。
深呼吸をすることで、血行が良くなり代謝が上がります。
その状態でウォーキングをスタートしましょう。

ウォーキング中も常に呼吸を意識しましょう。
大きくゆっくり深呼吸をしながらウォーキングしましょう。
普段から呼吸が浅い場合、上手く深呼吸ができない場合があります。

原因は姿勢です。
姿勢が悪いと胸が閉じた状態になるので肺が膨らまず、呼吸が浅くなってしまいます。
対策は、姿勢を良くすることです。
ウォーキングは軽く胸を張った状態で胸を開くことを意識しましょう。
左右の肩甲骨を背中の中心にひきつけるようにして肩を後ろに引くと、胸を開くことができます。
胸が開くことによって肺が大きく膨らみ、より多くの酸素を取り入れることができるようになります。

こうすることにより、より多くの酸素を体に取り入れることができるようになり、消費カロリーを上げることができます。

ウォーキング時に、深呼吸を取り入れてしっかり呼吸を意識し、消費カロリーをアップさせましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)