ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

通勤・通学時の体重別消費カロリー

約 1 分
通勤・通学時の体重別消費カロリー

1、通勤・通学時の体重別消費カロリー

通勤・通学の時には、どのくらいのカロリーを消費してるのでしょうか?
30分・60分・120分の時間で通勤・通学時の消費カロリーを体重別にチェックしていきます。

体重が40キロの人の場合の消費カロリーです。
30分の通勤通学で84キロカロリー消費する計算になります。
60分で168キロカロリーです。
120分で336キロカロリーです。

体重が50キロの人の場合の消費カロリーです。
30分の通勤通学で105キロカロリー消費する計算になります。
60分で210キロカロリーです。
120分で420キロカロリーです。

体重が60キロの人の場合の消費カロリーです。
30分の通勤通学で126キロカロリー消費する計算になります。
60分で252キロカロリーです。
120分で504キロカロリーです。

体重が70キロの人の場合の消費カロリーです。
30分の通勤通学で147キロカロリー消費する計算になります。
60分で294キロカロリーです。
120分で588キロカロリーです。

体重が80キロの人の場合の消費カロリーです。
30分の通勤通学で168キロカロリー消費する計算になります。
60分で336キロカロリーです。
120分で672キロカロリーです。

体重が90キロの人の場合の消費カロリーです。
30分の通勤通学で189キロカロリー消費する計算になります。
60分で378キロカロリーです。
120分で672キロカロリーです。

体重が100キロの人の場合の消費カロリーです。
30分の通勤通学で210キロカロリー消費する計算になります。
60分で420キロカロリーです。
120分で840キロカロリーです。

体重が110キロの人の場合の消費カロリーです。
30分の通勤通学で231キロカロリー消費する計算になります。
60分で462キロカロリーです。
120分で924キロカロリーです。

体重が120キロの人の場合の消費カロリーです。
30分の通勤通学で252キロカロリー消費する計算になります。
60分で504キロカロリーです。
120分で1008キロカロリーです。

参考までに食品のカロリーを上げておきます。
消費カロリーとの比較に活用して見てください。

(1)100キロカロリーの食品
コロッケ(2個) 50キロカロリー
アイスクリーム(100g) 100キロカロリー
豆腐(木綿) 72キロカロリー

(2)100〜300キロカロリーの食品
牛乳(1杯) 100キロカロリー
グリーンサラダ(1皿) 150キロカロリー
エビフライ(1個) 210キロカロリー
カキフライ(1個) 270キロカロリー
豚の生姜焼き(1皿) 230キロカロリー
パン(1切れ) 237キロカロリー
ご飯(1杯) 168キロカロリー

(3)300〜500キロカロリーの食品
カツカレー 350キロカロリー
ロースカツ 400キロカロリー
ビーフジャーキー 315キロカロリー
ウインナー 321キロカロリー
ベーコン 405キロカロリー
サラミ 497キロカロリー

(4)500キロカロリー以上の食品
肉じゃが 600キロカロリー
餃子(7個) 560キロカロリー
春巻き(3個) 520キロカロリー
チャーハン 750キロカロリー
塩ラーメン 500キロカロリー
味噌ラーメン 560キロカロリー
とんかつ定食 910キロカロリー
唐揚げ定食 1132キロカロリー

2、さらに消費カロリーを上げるための工夫。

通勤・通学時はカロリーの消費量は高いです。
これにプラスアルファをして、さらにカロリー消費量を上げていきましょう。
まずは、階段の利用です。
エレベーターやエスカレーターではなく、階段を利用すれば消費カロリーを上げることができます。
駅や会社の階段は、積極的に利用するようにしましょう。

通勤・通学で一つ前の駅で降りてウォーキングの距離を稼ぐのも、消費カロリーを効率よく上げることができます。
定期があれば、一つ前の駅で降りても料金は変わりません。
定期がなくて、切符の人は交通費が少し安くなる可能性があります。

横断歩道で信号待ちをするなら、遠回りしても歩道橋を利用しましょう。
歩道橋では階段の上り下りがあるので、消費カロリーを上げることができます。
階段を早く上がれば、普通に階段を上がった時よりも2倍の消費カロリーになります。
周りに人がいないか注意しながらやるのをオススメしますが、誰もいない場合は早めに階段を上り消費カロリーを上げていきましょう。

寄り道をして少しでもウォーキングの距離を稼ぐことで、消費カロリーは増えていきます。
10分でも20分でも普段より多くウォーキングをして、消費カロリーを上げていきましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)