歩くだけで筋肉が付くって本当?ウォーキングで筋肉を鍛える方法

約 1 分
歩くだけで筋肉が付くって本当?ウォーキングで筋肉を鍛える方法

ウォーキングは軽い運動ではありますが、歩くだけなのに筋肉を鍛えることが可能です。

特に難しいことではなく、少し方法を変えてみたり、歩く場所に変化を与えるだけで体を引き締めることが出来ます。

ウォーキングは脂肪を燃やす効果があり、歩きながらいくつもの効果を得られる優れたスポーツですから、空いた時間に是非取り組んでみましょう。

ウォーキングで得られる効果

ウォーキングは有酸素運動であり、脂肪を効率よく燃やす効果があるのでダイエットにも最適です。

歩くことで運動不足の解消につながり、肥満の予防や生活習慣病の予防にも役立ちます。

運動をすることにより筋肉に刺激を与え、基礎代謝を向上させることが出来るので、太りにくい体質にすることも可能です。

健康的で、ダイエットにも最適なウォーキングは、ゆっくり歩くだけでは得られる効果が少なくなってしまいます。

ウォーキングで筋肉を鍛える方法

ウォーキングでは大きく腕を振りながら歩く運動であり、全身の筋肉を使います。

特に腹筋からふくらはぎにかけての下半身の筋肉を使いますから、ウォーキングをしながら鍛えることが出来るのです。

お腹回りの脂肪を有酸素運動で燃やして筋肉を付け、太ももやふくらはぎの筋肉を鍛えることで体が引き締まります。

筋肉を鍛えるには早歩きでウォーキングをしましょう。

体内の脂肪を燃焼させ始めるまでの時間は、運動を始めてから20分くらい経過してからになります。

20分ではあまり意味がありませんから、まずは30分を目標に設定しましょう。

体が慣れてきたら、少しずつで良いので時間を増やしていきます。

体に負荷をかけることで筋肉を鍛えることが出来ますから、ウォーキングコースに坂道を加えてください。

平坦な道と同じペースで歩くのはかなりきつくなって筋肉にも効いてきますし、翌朝は筋肉痛になることがあります。

ウォーキングは毎日続けると効果が出やすい

ウォーキングは出来ることなら、毎日時間を確保して続けて行きましょう。

週に1回程度では、ダイエットには意味が無く、筋肉も鍛えられません。

日課として取り入れて、地道に続けることが何よりも大切ですから、多少の筋肉痛程度では休まずに続けましょう。

気分が乗らないこともありますが、そのような時にはウォーキングコースを変えてみると、気分転換にも効果的です。

ウォーキングには気分を変える効果があり、仕事のストレスも歩いて汗を流すことで発散出来ます。

半身浴で疲れた体を癒して疲れを残さないようにしよう

ウォーキングをした後には、ゆっくりとお風呂に浸かって筋肉の疲れや仕事の疲れを癒しましょう。

お風呂は熱いお湯に浸かるよりも、ぬるま湯の半身浴の方が体の芯から温まるので疲れを取るには効果的です。

お湯の温度は37~40度が適温であり、入浴時間は最低でも20分以上浸かると効果があります。

20分浸かると汗をかきますから、お風呂から上がったあとはしっかり水分補給をしてください。

足に溜まった疲れはストレッチも効果的であり、血行が改善されるのですが、体の負担にならない程度にしましょう。

運動をした後は睡眠の質も良くなり、しっかる睡眠をすると翌朝の目覚めもスッキリです。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA