ウォーキングに最適な時間は朝と夜?時間帯によって効果が違う?

約 1 分
ウォーキングに最適な時間は朝と夜?時間帯によって効果が違う?

昼間に仕事をしている方がウォーキングをするのは早朝や夜間になりますが、快適なウォーキングを楽しむことが出来る時間帯でもあります。

どちらの時間帯もウォーキングには最適なのですが、ウォーキングの目的によってはどちらかに絞った方が効率的に効果を得ることが可能です。

では、ウォーキングをする時間帯によってどのような違いがあるのか見て行きましょう。

朝のウォーキングは脂肪を燃やすのに最適

脂肪を燃やすのに朝が効果的なのは、食事を摂ってから時間が経過しているので、血糖値が下がっているからです。

糖分をエネルギー源として使用するのですが、体内に糖分が少ない状態にあると、代わりに脂肪エネルギーとして利用する仕組みになっています。

前日の夕方に食べた食事は睡眠中に分解、消化されているので、翌朝起きた時には糖分はほとんどない状態です。

朝起きて、食事を摂る前にウォーキングをすることで効果的なダイエットが可能になります。

起きたばかりでお腹が空いているかもしれませんが、空腹のままではつらいですから、起きたら水を飲んでから出かけましょう。

しかし、血糖値が下がっている状態では体に強い負荷をかけると、低血糖で転倒する可能性があり、非常に危険です。

体調に不安がある方は、特に危険ですから無理にウォーキングをする必要はありません。

また、昼食を取ってから時間が経過している夕方でも、この方法がダメという訳ではありませんが、仕事の疲れもありますから朝が最適と言えます。

睡眠の質を上げる為には夜のウォーキングが効果的

日頃のストレスでなかなか眠れない、翌朝起きても疲れが取れていないという方も多くいるのですが、それは睡眠の質がていかしているからかもしれません。

睡眠不足が続くと、高血圧、糖尿病や動脈硬化といった生活習慣病やうつ病のような精神疾患を発症する可能性が高まります。

出来るだけ早く寝て、睡眠時間を多くするのも良いのですが、睡眠の質を上げるには運動が効果的です。

適度な運動はストレス解消や気分転換にも効果があるので、精神的にもリラックス出来ます。

就寝する3時間前までの間にウォーキングを30分以上やっておくと、ほどよい疲れが眠気を誘ってくれるのです。

運動をする時間が無いと言っても、就寝時間間際に運動をすると逆に眠れなくなってしまいますから進められません。

自分の生活サイクルに合わせてウォーキングしよう

ウォーキングをするには、空き時間を利用して行うのが一番良い方法と言えます。

生活のサイクルは人によって異なりますから、朝でも昼でも時間がある時に体を動かしましょう。

運動不足の状態では太りやすい体になってしまい、一度体重が増えると減らすのは難しくなります。

時間を有効に活用して、健康な体作りに務めてください。

しっかり食べて運動で消化し、良く眠る為には規則正しい生活を心がけましょう。

もしも眠れない日々が続く時には病院を受診する

眠りやすいような環境作りをしているにもかかわらず、眠れない、夜中に何度も目覚める場合には迷わず病院で診てもらいましょう。

精神科や心療内科を受診して、適切な診療を受けることで改善します。

ストレスを溜めすぎないように、上手に気分転換をしながら、肉体的にも精神的にも健康で過ごせるようにするにはウォーキングが効果的です。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA