長距離ウォーキングで体への負担を軽減するにはしっかりと対策を!

約 1 分
長距離ウォーキングで体への負担を軽減するにはしっかりと対策を!

「会社は学校、駅まで歩く」「ダイエットの為にウォーキングする」など長距離を歩く目的は人それぞれありますが、短時間歩くよリも体へ負担も大きくなります。

ケガや疲れを軽減する為にも、しっかりと下準備をしてから出かけましょう。

長距離ウォーキングの注意点や対策について解説します。

長距離ウォーキングの注意点

昼間に長時間屋外でウォーキングすると、日焼けや熱中症、紫外線に注意しなければいけません。

そして、体にフィットするものを着用しなければ、靴擦れや股擦れを引き起こし、目的地までウォーキングするのが困難になってしまいます。

ウォーキングは体への負担が少ない運動ではあるのですが、長時間歩くことで膝、腰など下半身に疲れが溜まるので、さまざまな対策をしなければいけません。

長距離ウォーキング時の装備とウォーミングアップ

長距離を歩く為には、身につける服装、アイテム、飲み物を準備することや、ウォーミングアップをしてから始めることが必要です。

服装は季節や天気に合わせ、暑い時期は汗をかきやすいので速乾性、吸湿性があると良いでしょう。

アイテムとしては、日除け対策に帽子を準備し、汗を拭くタオル、紫外線から身を守る為に日焼け止めクリームを塗り、目を保護するにはサングラスも欠かせません。

寒い時には、防寒着を着たり、重ね着をするなどして体を温めるようにしましょう。

ニット帽、ネックウォーマー、手袋を着用して体を守ってください。

飲み物については、歩き始める1時間から30分前に一度水分補給をしておき、水筒やペットボトルに水を入れて持ち歩きましょう。

一度に大量に飲むとお腹に溜まって苦しくなりますから、脱水症状を起こさないように、少しずつ飲むことが大切です。

スポーツドリンクやジュースは糖分が多いですから、水やお茶を準備しましょう。

そして、ウォーキングを始める前に準備運動は必ず行います。

ウォーキングは全身を使う運動ですが、特に下半身を使いますから、足首やアキレス腱の柔軟性を高める運動、ふとももからふくらはぎを重点的にストレッチしてください。

疲れが溜まりにくくなり、ケガの予防に効果的です。

長距離ウォーキング時の対策

最初に説明したように、短時間ウォーキングをする時と違って、長距離歩くと体のあちこちに影響があります。

普段あまり起こることが少ない、靴擦れや股擦れは特に厄介です。

靴擦れを起こさない為には、足に合ったウォーキングシューズを履くだけで効果がありますから、普段履きなれたシューズを使ってください。

新しい買ったばかりのシューズでは靴擦れが起こりやすくなるので注意しましょう。

股擦れは両足の太ももの内側が擦れると起こる症状ですが、太ももが太い方に多く見られます。

対策としては、スパッツやタイツを履くと太ももが引き締まるので効果的です。

そして、体調管理が非常に大切ですから、長距離歩く前日はしっかりと食事を摂って、十分な睡眠時間を確保しましょう。

長距離ウォーキングをするには、それなりの体力を必要とします。

特に日差しが強い日は、体力の消耗が早まるので、自信が無い方には危険です。

当日に体調が優れないという場合には、無理して歩こうとせず、しっかりと体を休ませてください。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA