メンズウォーキングシューズの選び方!靴選びの基本から注意点まで

約 1 分
メンズウォーキングシューズの選び方!靴選びの基本から注意点まで

これからウォーキングを始めるという時には、自分に合ったウォーキング選びも大切です。

ここでは男性用のウォーキングシューズの選び方だけではなく、靴選びの基本や注意点を解説します。

デザインやブランド、種類も豊富にありますが、まずは靴の選び方を学んで、スポーツショップやシューズショップで試しに履いてみましょう。

ウォーキングシューズはどんな靴?

ウォーキングシューズとは、歩きやすさを追求して作られたシューズで、快適なウォーキングをするには欠かせないアイテムの一つです。

ウォーキングシューズの特徴としては、通気性が良い、クッション性が高く疲れにくい、頑丈で耐久性が高いことが挙げられます。

毎日のようにウォーキングをするのなら、自分の足の大きさや形に合わせた靴選びが大切であり、それがケガの予防や靴を長持ちさせることにもつながるのです。

靴のサイズには足長と足囲がある

靴選びの前に、足のサイズについて説明しましょう。

靴のサイズには「足長」と「足囲」があり、足長はつま先からかかとまでの長さ、足囲は親指の根元と小指の根元を取り巻いた周囲の長さのことを指します。

足のサイズは裸足の状態で測定するのが基本です。

靴下を履いた状態で測定すると、足長は1.5mmくらい、足囲で1.0mmも数値が増加してしまいますから、正確なサイズを知ることが出来ません。

シューズのサイズの単位には、長さを指すcmと足囲を指すEがあります。

足囲の単位EはE・2E・3E・4Eがあり、数値が大きいほど足の幅が広いということになるのです。

日本人は足の幅が広いとされており、シューズ探しには苦労するという人がいます。

このようなことから、足の実際の大きさを測定することは、自分の足にフィットするウォーキングシューズ探しには欠かせないのです。

メンズウォーキングシューズの選び方

メンズウォーキングシューズの選び方にはいくつかポイントがあります。

一つ目のポイントとして、シューズを履いた時につま先に余裕が無ければいけません。

窮屈ではいけませんし、余裕があり過ぎるても履きにくさを感じますから、つま先からシューズの先端まで10mmほどの空間を作っておくと歩きやすさを感じられます。

二つ目に、踵の強度です。

踵の部分をヒールカウンターと言いますが、この部分の強度が高いと体への負担を軽減させる効果があります。

内部はクッション性があり、外部は硬めに作られているものが良いでしょう。

そして、最後に足全体のフィット感とデザインです。

履き心地が良くなければ、ウォーキングをしていても違和感が残り、ケガの原因にもなります。

街中をウォーキングするには、足元もオシャレに気を遣わなければいけません。

ショップに行くと、デザインや機能性に優れたウォーキングシューズが沢山並んでいます。

シューズはブランドによって同じサイズでも大きさが異なることがありますから、必ず実際に履いてみなければ自分に合っているのかわかりません。

また、購入後にサイズが大きく感じたら、インソールや厚めのソックスを着用することで対処が可能です。

見落としがちですが、靴底が滑りにくいものもケガの予防に役立ちますから、購入の際には確認しましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA