手軽に始められるウォーキング!楽しく歩くための注意点

約 1 分
手軽に始められるウォーキング!楽しく歩くための注意点

今まで運動することがなかった方でも、ウォーキングなら誰にでも気軽に出来ます。

一人で歩くのも良いのですが、友達を誘っておしゃべりをしながら歩くのもウォーキングを楽しむポイントです。

誰にでも簡単に取り組める運動ではありますが、ウォーキングを始めるに当たり、いくつか注意したいことがあります。

季節や体調に合わせた対策をして、楽しいウォーキングをしましょう。

しっかり準備運動をしてから歩く

ウォーキングは簡単な運動ですが、長時間歩いたり、起伏がある場所を歩くことがあるかもしれません。

歩く前に簡単な準備運動をしてからウォーキングを始めると、体への負担が少なくなり、ケガの予防にもなります。

歩き始める際には、急にスピードを上げるのではなく、体が温まってから歩くペースを速めて行きましょう。

久しぶりに運動をするという方も、無理をせず自分のペースで歩いてください。

ウォーキングに最適な服装

ウォーキングをするには普段着でも構いませんが、体を動かしやすい服装を心がけましょう。

ランニングウエアや、ジャージ、スニーカーが最適です。

ウォーキングを長時間続けると汗をかきますから、インナーは速乾性や吸湿性のあるものにして、すぐに汗を拭けるようにタオルを持参しましょう。

汗をかいたら水分補給

簡単な運動ですが、長時間ウォーキングをしたり、夏場は夜でも汗をかきやすくなります。

汗をかきやすい環境でウォーキングをする際には、ペットボトルや水筒を持参して水分補給をしましょう。

失われた水分やミネラル分はミネラルウォーターや麦茶で補うことが出来ます。

スポーツドリンクやジュースには糖分が多く、体には良くないので避けましょう。

ウォーキングの暑さ対策

健康の為にウォーキングを取り入れるには、季節に合わせた対策が必要となります。

夏場は暑さもありますが、紫外線が非常に強いこともあり、帽子やサングラスは必需品です。

日焼け止めクリームなどで皮膚の対策をし、速乾性や吸湿性のある長袖のトップスなら肌の露出が少なくて暑さ対策対策にもなります。

夏の夜は暑さ対策だけではなく、場所によっては虫対策が必要です。

ウォーキングの寒さ対策

冬になると、朝も夕方も外に出ると冷たい風が吹いて寒くなり、体も冷えやすくなります。

服装も何枚も重ね着したり、防寒着を着るなどして寒さ対策をしっかりとしましょう。

手袋、ニット帽、ネックウォーマー、マフラーもあれば対策はバッチリです。

また、霜や雪で路面が滑りやすいことがありますから、スニーカーは滑りにくい物にしてください。

持病があったり体調が悪い場合には無理をしない

ウォーキングはジョギングやランニングのようにハードな運動ではありませんが、長時間の運動や坂道を歩くと心肺機能に負担がかかります。

高血圧や心臓に疾患を抱えている方は、ウォーキングに取り組む前に病院で医師に相談してください。

また、ウォーキングをする日に体調が思わしくない時には、無理をせず体を休ませることも大切です。

運動も必要なことですが、健康を害してしまってはウォーキングをする意味がありません。

日々の体調管理に努め、注意点に留意しながら、楽しくウォーキングをしましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA