ウォーキングは場所選びが大切!飽きないためには工夫が必要

約 1 分
ウォーキングは場所選びが大切!飽きないためには工夫が必要

毎日朝夕にウォーキングを欠かさないという方が多くいますが、ウォーキングをするには場所選びは大切です。

これからウォーキングを始めようという場合には、急な坂が続くような場所は避け、怪我の予防をしましょう。

また、毎日同じ場所ばかり歩いていても飽きてしまうことがありますから、自分の中でいくつかコースを作ると変化があって歩くのが楽しくなります。

ウォーキングは安全が第一!

これからウォーキングを始めたいという時には、場所選びから始めなければいけません。

自宅周辺をウォーキングコースにするのも良いですし、良い場所が無ければ車などで移動するのも良いでしょう。

ウォーキングを始めるに当たり、安全を最優先にする必要があります。

車の往来がある道路沿いの歩道、歩道が無い道路など、交通量の多い場所では事故に巻き込まれないようにしなければいけません。

せっかく健康の為に始めたウォーキングで、交通事故に巻き込まれてしまっては意味がありません。

近くに公園やウォーキングコースが無ければ仕方がありませんが、時間帯によっては反射材を使用し、交通には十分注意しましょう。

ウォーキングの目的に合わせた場所選び

ウォーキングをするのは、健康の為やダイエットの為と人それぞれ理由や目的があります。

普段全く運動をしていない人が、ダイエットの為にウォーキングを始めるといって、突然長い坂道を歩いたりするのは体に良くありません。

まずは平坦な場所を歩き、体が慣れてきたら徐々に時間を延ばしたり、歩くスピードを速めるといったことが大切です。

また、膝や足腰に持病があったりすると坂道は負担になりますし、アスファルトの路面では疲労感が増します。

運動不足の方や足腰に不安がある場合には、芝生の広場や運動公園でウォーキングをすると、体への負担が軽減出来るので利用してみましょう。

風景を楽しみながらウォーキング

海や山の風景を楽しみながらウォーキングをすると、日頃の疲れを癒す効果が期待出来ます。

ウォーキングには気分転換だけではなく、「うつの症状を改善する」「認知症の発症を遅らせる」「睡眠の質を改善する」といった効果があるのです。

良く晴れた休日を利用して、海岸沿いや港通りをウォーキングしてみましょう。

潮風に当たって良い汗を流すと、イヤなことはすぐに忘れられます。

飽きない為には歩く場所を変える

人間は何でも同じことばかりやっていると飽きてしまうものです。

それはウォーキングでも同様であり、同じ場所だけをウォーキングしているといつかは飽きがきます。

そうならないようにするには、気分に合わせてウォーキングする場所を変えてみましょう。

いくつか自分の中でウォーキングコースを作っておき、日替わりで場所を変えると飽きることなくウォーキングを楽しめます。

夜間の一人歩きは要注意!

夜間のウォーキングは昼間に比べると視界が悪く、交通事故や転倒にちゅういしなければいけません。

また、女性が一人でウォーキングをする場合には、人気の少ない場所や暗がりを避け、治安があまり良くない場所を通らないようにしましょう。

夜間にウォーキングをする時には、同伴者がいると話を楽しみながら歩けますし、犯罪抑止力にもつながります。

 

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA