ダイエットに効果的なウォーキングするなら朝がおすすめ

約 1 分
ダイエットに効果的なウォーキングするなら朝がおすすめ

ウォーキングダイエットをするなら朝・昼・夜いつがいいのでしょう?いつでもよさそうですが、実は朝が最も効果的なのです!朝・昼・夜、それぞれのウォーキングについて、メリット・デメリットを紹介します。

朝ウォーキング

ここ最近でかなり注目されている朝のウォーキング。ウォーキングはいつしてももちろん良いのですが、ダイエットそして健康を考えると朝が優れている時間です。

朝ウォーキングのメリット1

規則正しい生活になる。体内時計は約25時間のリズムを刻んでいます。地球の自転は約24時間リズム。約1時間のずれがあります。このズレのせいで人間は放っておくと生活が乱れていきます。朝日がこの体内時計のズレをリセットしてくれます。朝日を浴びると自律神経を整えることが可能とされています。自律神経が良い状態になると、発汗がしやすくなり体温調整も正常にできるようになります。

朝ウォーキングのメリット2

脂肪燃焼効率がいい。朝ウォーキングの朝食はいつしたら良いのかですが、朝食の前にウォーキングするのがダイエットとしては効果的です。朝の体は食べ物からもらったエネルギーはほとんどない状態になっています。睡眠をしている時は何も食べませんし、思っているよりもエネルギーそして栄養を消費しているので、実は朝はエネルギーが足りない状態としています。この時にウォーキングなど運動することで、まずブドウ糖をエネルギーにします。血液中のブドウ等が少なくなってくると脂肪をエネルギーとして使い始めます。空腹時はブドウ等が少ないので、早く脂肪を使い出すことで、脂肪燃焼効率がアップします。

朝ウォーキングのメリット3

習慣化しやすい。運動を習慣化するためには、決まった時間帯に決まった時間の確保をするというのが大事です。夜の活動は意外と確保できる時間帯が不規則で、それに比べれば朝は生活習慣がきっちりすれば決まった時間の確保が容易です。また、朝は仕事や学校などの次の活動までの時間に制限があるため、ダラダラとしたり色々考えたりせずにウォーキングを実行することができます。

朝ウォーキングのデメリット

朝のデメリットとしては、早寝早起きしないといけない。体が思うように動かせない。体が目覚めていないので転倒や交通事故の可能性が高まる。などが考えられます。

昼ウォーキングのメリット1

体の動きが良い。体温が1日のうちでも高く、動きやすくなっています。交感神経の働きも活発で運動がしやすい時間帯です。

昼ウォーキングのメリット2

気分転換になる。昼間仕事をしている人が多いと思います。仕事でイライラしたらウォーキングをして気晴らしができます。ウォーキングをすると快楽ホルモンが分泌されます。このホルモンがストレス解消もしてくれます。

昼ウォーキングのメリット3

安全安心である。明るく人の往来が多い昼間に不審者に狙われることは少ないですし、足元やまわりがしっかり見えるので転倒や交通事故も軽減されます。

昼ウォーキングのデメリット

昼のデメリットとしては、脂肪燃焼効率が最も悪い。昼食後のウォーキングは血糖値が上がっており、エネルギーは血液中のブドウ糖を使います。脂肪をエネルギーにするまでにウォーキングが終わってしまうかもしれません。

夜ウォーキングのメリット1

睡眠の質が向上する。ベッドに入る2時間前にウォーキングを終えると、自律神経を調整するのに適度の運動で、体温を程よく上げてくれます。ウォーキングで暖まった体が冷めてくるのが2時間後。体温が下がると眠気を誘いやすくなり、入眠がスムーズで熟睡しやすいです。活動時と休息時の体温の差が眠気や睡眠の質に関わってくるのです。

夜ウォーキングのメリット2

気持ちのリセットができる。ウォーキングなどのリズム運動は、気持ちを前向きにしてくれたり、ストレス解消したり、精神的に良い効果を与えてくれる“セロトニン”を活性化します。

夜ウォーキングのメリット3

生活習慣を変えなくてよい。どうしても朝に時間が取れない、早寝早起きができない場合、夜にウォーキングをすれば生活習慣を変える必要がありません。

夜ウォーキングのデメリット

デメリットとしては、血糖値がある程度高い状態にあるので脂肪燃焼効率が悪い。残業や外食などで習慣性がつきにくい。

朝ウォーキングおすすめ時間

朝ウォーキングで効果的としているのが、最低でも20分以上になります。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)