通勤に履きたい!レディース用ウォーキングシューズ

約 1 分
通勤に履きたい!レディース用ウォーキングシューズ

健康的ダイエットのために通勤ウォーキング

通勤時の徒歩移動にウォーキングを取り入れて健康ダイエット!きちんと自分に合ったウォーキングシューズを履い歩けば足を痛めるなどのトラブルも予防できます。

スニーカーやランニングシューズは機能が違う

大前提として必ずウォーキング用のシューズを選びましょう。ウォーキングとランニングでは足の使い方や体のフォームが全く異なります。ウォーキングシューズは、かかとからつま先への体重移動を考慮して設計されているので、足への衝撃や負担を和らげてくれます。スニーカーやランニングシューズでウォーキングしてしまうと足への負担は予想以上のものになります。

ウォーキングシューズのチェックポイント

ウォーキング専用のシューズのチェックポイントは踵とクッション性です。踵(ヒール)にほどよい硬さがある方がウォーキング自体が安定します。また全体にクッション性があるシューズであれば過度な倒れ込みが起こらず疲労軽減効果も期待できます。

撥水性などの機能も要チェック

使用するシーン等によってデザイン性も重要ですが、見落としてはいけないのが機能性です。特にスポーツとしてウォーキングをする際には雨天時に履きたい撥水性のあるもの、長時間履いても臭いが気にならない抗菌・防臭効果のあるものなど、機能性も重視して選ぶようにすれば安心です。

通勤や普段履きにおすすめのウォーキングシューズ

一見ウォーキングシューズには見えないデザインのシューズがスポーツメーカー中心にいろいろ用意されています。通勤や普段履きにおすすめのタイプや機能をご紹介いたします。

1.パンプスタイプ

通勤スタイルにも普段のお出かけにも合わせやすいデザインで毎日使用できそうな万能感があります。ヒールが太めのものがおすすめです。衝撃吸収力が高く、吸水速乾や撥水性などもチェックしましょう。

2.フラットヒールタイプ

安定感のあるフラットヒールの構造により、踵からつま先への体重移動がスムーズに行えます。足の幅が広めな人や、外反母趾に悩んでいる人にもおすすめです。

3.アウトドアブーツタイプ

アウトドアシーンで活用できそうなデザインのブーツタイプは1足は持っておきたいシューズです。

4.ショートブーツタイプ

ブーツタイプは熱がこもりやすいので、通気性が高く蒸れを防いでくれる機能を確認しましょう。ブーツタイプのウォーキングシューズは歩きやすく設計されたソールを使用しているものが多く、長時間歩行に向いています。秋冬におすすめです。

5.ローファータイプ

落ち着いたシンプルなデザインのものが多く、幅広い年齢層から支持を受けているタイプです。ローファータイプのウォーキングシューズには幅が広めの設計になっているものが多く、足囲が広い人や厚めの靴下を着用したい人におすすめです。

ウォーキングシューズ購入は実店舗で

いろいろなタイプ、デザイン、機能が豊富なウォーキングシューズはショップの店員さんに相談し、必ず試し履きを行ってください。自分の足にピッタリとフィットしたシューズが好みのデザインでないなどシューズ選びは大変難しいと思います。先ずはいろいろと試し履きしましょう。

 

 

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)