おすすめされるウォーキングマシンとは

約 1 分
おすすめされるウォーキングマシンとは

マシンを使った運動

ダイエットや健康管理を目的にウォーキングを始める人も多くなりました。この他にも動機は人それぞれあると思います。ウォーキングは負荷も低く運動不足であった人でも始めやすいことなどからとっつきやすく、老若男女問わず親しまれています。こうしたウォーキングを始め運動することにハマってくると、雨の日など外に出られないときにウォーキングを継続できないことが煩わしくなることもあります。このような人にはウォーキングマシンがおすすめで、購入時には費用が掛かってしまいますが、ほぼ毎日続けているような人であれば十分に元が取れるでしょう。また、これからウォーキングを始める人でも費用の問題をクリアできていればマシンを購入することでモチベーションにも繋がることだと思います。

ウォーキングマシンの特徴

ウォーキングマシンには、基本的にランニングマシンと同じようなイメージを持っていただくと分かりやすいかと思います。大きな回転ベルトとそこからモニター兼操作パネル部分で構築されているマシンです。またランニングとウォーキングでは運動のスピードが違うだけなのでランニングマシンとしての性能を持っていればウォーキングマシンとして使えることになります。また高機能のものになるとスピードに加えてカロリー計算なども自動でしてくれるものなど、様々です。

ウォーキングマシンの選び方

ウォーキングマシンを選ぶとき重要なのは、値段の低さだけで選ばないということです。ベルトが回転してその上を歩くことはどのマシンでも違いはなく、適当に見ているだけでは機能の差を感じることが難しいですが、実際には使い心地や耐久性も製品によって大きく異なるのです。粗悪なウォーキングマシンを買ってしまうとウォーキングをすることのモチベーションの低下にも繋がりかねず、逆効果を生み出す可能性も考えられます。性能が良いとは言えないウォーキングマシンの大きな特徴は、走行ベルトが小さいこと、回転の馬力が小さいこと、運転中の騒音が大きいこと、そして壊れやすいということが挙げられます。そのため購入時に確認する大事なことは、まず耐荷重性を見ること、そしてベルトのサイズや最高速度、連続運転時間などです。耐荷重については耐久性に直接関係が出てくるため、ここをチェックしておかないとこの他の性能が良くても意味がなくなってきます。100kg以上の重さに耐えられるものであれば十分ですが、大切なのは自分の体重よりも上乗せした重さで考えて余裕を持たせることです。走行ベルトのサイズについては、使い心地が変わってくることになります。ジムにあるマシンの感覚で走れると思い買ったものの、サイズが異なるために窮屈で走りづらいこともあります。さらに踏み外してしまうとケガをすることもあるためサイズ確認が必要です。最高速度はウォーキングにしか使わないのであればそれほど気にすることはありませんが、ついでにランニングも出来たほうが良いと考えるのであれば時速10㎞以上は確保しておく必要があります。そして連続運転時間についてはウォーキングとしての効果が発揮されやすい30分以上はできるようなものでないと効率が下がってしまいます。

大きな買い物だからしっかりしたものを

ウォーキングマシンは決して安いものではありません。加えて大きな機械ですので失敗のないよう、じっくりと考えて購入に踏み切りましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)