ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

ウォーキングシューズでお悩みの方必見!選び方のポイントを教えます

約 1 分
ウォーキングシューズでお悩みの方必見!選び方のポイントを教えます

ウォーキングを始めようと思ったら、まず自分の足に合うシューズを見つけることです。ウォーキングシューズにも様々な種類があり、いったいどれを履けば良いか迷うものです。中には、ランニングシューズでウォーキングを始める方もいます。ところが、それぞれのスポーツシューズは運動の特性を考慮して作られているので、ランニングシューズで歩いたりすると身体に余計な負担がかかってしまいます。ここでは、ウォーキングシューズの特徴や選び方、正しい履き方を紹介します。また、今使っているウォーキングシューズが正しい選び方をしているかチェックしてみて下さい。

1.自分のウォーキングシューズをチェックしてみましょう

ウォーキングをするときに最も大切なグッズはシューズです。正しいシューズを選択することは、安全に楽しくウォーキングすることにつながります。
①足の正しいサイズを計測して購入している。
➁足の幅(足囲)を計測して購入している。
➂ウォーキングで使うソックスを履いてシューズを合わせている。
➃シューズはできるだけ夕方に選ぶようにしている。
➄シューズは両足履いて、数歩歩いて合わせている。
➅つま先に隙間があり、指が自由に動かせるもの選んでいる。
➆かかとの部分がしっかりフィットしているものを選んでいる。
➇靴底の部分はクッション性を重視している。
➈十分な通気性のあるものを選んでいる。
➉できるだけ軽いものを選ぶようにしている。

2.ウォーキングシューズの特徴

ウォーキングシューズはかかと部分のクッションの割合を多くしています。それは、歩くときの足の動きが、かかとの外側から着地し親指で蹴り出す動きを考慮した構造になっているからです。ウォーキングはランニングの足の動きと違い、衝撃のかかる部分や足への負担が違うので、ソール部分の強度やつくりが異なってきます。そのため、足に合わないシューズを履き続けていると歩き方が悪くなってしまいます。その結果、偏った筋肉の付き方をしたり、骨盤がゆがんだりして故障の原因を作ってしまいます。

3. ウォーキングシューズの選び方5つのポイント

◆自分の足を知る
自分の足の本当のサイズを知ることが大切です。指の長さや足の幅を知ることで、シューズを選ぶときの注意点が明確になります。また、足は夕方にかけてアーチの部分が下がって大きくなる傾向があります。選ぶ時は夕方に選ぶとサイズの誤りはなくなります。
◆かかと部分のクッション性とフッイト感
ウォーキングはかかとから着地をするので衝撃がダイレクトに伝わってきます。アキレス腱や土踏まずの負担軽減のためにクッション性は大切です。また、かかと部分にフィット感がないとしっかりとした踏み出しができません。
◆かかとの高さは4cm以下
かかとが高いシューズは、歩くときにかかとを擦ってフォームが乱れてしまい、筋肉に余計な負担をかけることになります。
◆軽いものを選ぶ
ウォーキングシューズは多少重みはありますが、軽ければ軽いほど長く歩き続けることができます。できるだけ軽いものを選びましょう。
◆実際に履いて選ぶ
ネット通販で購入される方もいますが、初心者の方はショップで購入しましょう。実際に履いてサイズを合わせ、ショップの定員さんからもアドバイスをもらいながら購入しましょう。

4. ウォーキングシューズの正しい履き方とおすすめのメーカー

シューズは足のローリング動作をしっかりと行うために、緩くなく、きつすぎないようにすることが大切です。そのため、靴ひもはつま先に近いところは緩めに、甲の部分はフィットさせるようにしっかりと結びます。ウォーキング終了後は、靴ひもを緩めておくと、次に履きやすくなります。おすすめのシューズメーカーですが、女性はニューバランス・ヨネックス・ミズノ、男性はミズノ・ニューバランス・ナイキが良いと思います。

5.まとめ

いかがでしたか?自分の足に合わないジューズを履いているとフォームが乱れてしまいます。フォームが乱れると脂肪燃焼効率も下がり、ダイエットの効果も下がってしまいます。正しくシューズを選んで、美容と健康のために楽しくウォーキングを続けて下さい。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)