ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

簡単!生活習慣病を予防し健康年齢を高めるウォーキングダイエット方法

約 1 分
簡単!生活習慣病を予防し健康年齢を高めるウォーキングダイエット方法

生活習慣病予防に最適なウォーキング

世の中が便利になるのと同時に運動不足になっている人が増えてきています。

さらに食の欧米化やストレス、食生活の乱れ、過度の喫煙・飲酒、
ゆっくり休養を取れていないといった原因が加わり、
生活習慣病になる方・また生活習慣病の予備軍が増えてきています。

運動不足が原因となる生活習慣病には高血圧・糖尿病・肥満・高脂血などが挙げられ、
進行すると脳や血管、心臓などに大きなダメージを与えていきます。
自覚症状があまりなく、徐々に進行してしまうため「サイレントキラー」とも言われ、
ある日突然に脳卒中や脳梗塞・狭心症・心筋梗塞といった命に関わる病気に襲われる危険があります。
病気になってからでは後悔してももう遅く、治療を続けなくてはなりませんし、
後遺症などの不安が残るほか、精神的なダメージも受けてしまいます。
費用も掛かり、家族にも不安や負担を掛けてしまうことになります。

健康診断などで生活習慣病の予備軍・内臓肥満が発覚し、
生活習慣の改善しなければならないことが分かった場合や、
運動不足や生活習慣病の乱れを感じ始めたら,無理なく続けられるウォーキングダイエットを始めましょう。

なぜウォーキングダイエットが良いのか

様々な運動がある中、なぜ生活習慣予防・内臓肥満対策に
ウォーキングダイエットが良いのかというと以下の事が挙げられます。

・日常の自然な行為の1つで手軽に始められる
・朝・昼・夜を問わずにできる
・有酸素運動であり、内臓脂肪を減らしてくれる
・体重の減少は緩やかだが、身体を引き締め、質の良い筋力が得られる
・新陳代謝を活発にし、痩せやすい体質にしてくれる
・自分のペースで楽しみながら行える
・ムリなく続けることが出来るので継続しやすい
・善玉コレステロールを増やしてくれる
・血中のインスリンを正常にしてくれる

いかがですか?毎日無理なく続けるだけでよいことが沢山。
ウォーキングをすることは生活習慣病・内臓肥満対策にはうってつけのスポーツなのです。

生活習慣病予防のためのウォーキングダイエット法

では具体的に生活習慣病予防に役立つウォーキングダイエットは
どのように行えばよいのでしょうか。
まずはただむやみに歩けばよいというものではありません。
出来るだけ効果を高めるにはまずは日頃の生活習慣を見直し、
できるだけ規則正しい生活を心掛けること。

そして食事のとり方も健康を意識することが大切です。
・朝・昼・夜の3食はきちんと摂り、脂肪は少な目で野菜をできるだけ多めに摂取を意識すること。
・暴飲・暴食をやめ、良く噛んでゆっくりと食事を摂りましょう。
よく噛むことにより消化が良くなり、食べ過ぎを抑えることが出来ます。

日頃全く運動をしなかった方はまずはライフスタイルでウォーキングが習慣となるようにすることからスタート。
無理なく習慣化するためには簡単にできることから始めましょう。
1人で不安であればパートナーやお友達と一緒に朝少し早く起きて10分ほど歩く、
昼休みに時間があるときに散歩する、仕事から帰宅後または食後に10分ほど歩くなど
最初は物足りないくらいから始め、歩くのを当たり前にしてしまいましょう。
普段の生活もなるべくエレベーターを使用せずに階段を使用する、ちょっとした買い物は歩くなど、
身体を動かすこと、歩く機会をできるだけ作るようにしましょう。
まずは1ヶ月続けてみましょう。
身体が締まってきた、お腹の調子が良くなってきた、体重が少し減少した、朝の目覚めが良くなった、
身体が軽くなったなど何かしら結果が出てくるとどんどんウォーキングが楽しくなってきます。
歩くのが当たり前で楽しくなって来たら歩く歩数や分数を増やしてみる、
よりダイエット効果が期待できるウォーキング方法などにチャレンジしてみるとよいでしょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)