ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

皮下脂肪を落としたいなら!ウォーキング+筋トレそして食事に気をつけよう

約 1 分
皮下脂肪を落としたいなら!ウォーキング+筋トレそして食事に気をつけよう

たるんだお腹や太ももについた皮下脂肪、気になりますよね。ここのお肉をなんとかして減らしたい!という思いでダイエットに励んでいる方も多いとおもいます。一度ついてしまったらなかなか落とせない皮下脂肪を効率よく減らしていくにはどうしたらよいのでしょうか?ウォーキングに加えて行うことで効果が期待できるダイエット方法をご紹介したいとおもいます。

皮下脂肪っていったいなんなの?

皮下脂肪は特に女性に付きやすい脂肪です。全身の皮膚の下にある脂肪のことをいいます。これがお腹につくとぽっこりお腹の原因になってしまうんですね。分解されにくい性質を持っているので、一度ついてしまうと簡単には落としにくい厄介な脂肪なのです。

皮下脂肪を落とすために有効なダイエット法とは?

皮下脂肪を落とすためのダイエットには、有酸素運動+筋トレが最も効果的です。脂肪燃焼をする有酸素運動と、筋肉をつけ基礎代謝を上げる無酸素運動を組み合わせることにより、効果的に皮下脂肪を落とすことができるのです。ウォーキングと筋トレを両方合わせて実践することで確実に効果が現れます。

まずは、筋トレを行います。筋肉を鍛えることで基礎代謝が上がり、太りにくい体質になります。筋トレはかなり負荷の高い運動ですので、慣れるまでは5〜10分程度を目標にします。少しずつ時間をのばしていったらよいでしょう。

次に、有酸素運動であるウォーキングを行います。脂肪が燃焼され始めるのは運動開始から20分後と言われていますので、できれば30分を目安に行うとよいでしょう。息が切れるほどの速さで歩く必要はありません。ゆったりと会話ができるくらいのペースで歩きます。

運動に加えて食事の見直しもとても大事です!

有酸素運動+筋トレで皮下脂肪を効率よく落とすことができますが、もうひとつ大切なことがあります。それは食事です。乱れた食生活も皮下脂肪の大きな原因になります。まずは、食生活を見直してみましょう。

◇皮下脂肪太りにくいなりやすい食生活とは?

・朝食を抜くことが多く、そのぶん昼や夜にドカ食いしてしまう

・あまり噛まないで食べてしまう

・間食をよくする

・外食やコンビニ弁当をよく利用する

・野菜はあまり食べない

こんな方は皮下脂肪を溜めやすいので注意が必要です。間違った食生活を正すところから始めましょう。

◇皮下脂肪を溜めない正しい食生活とは?

・1日3食、バランスの良い食事を摂る

・腹八分目でやめておく

・よく噛んで食べる

・間食は控えめに

・なるべく自炊をする

・パンよりもご飯を食べる

食生活を変えていくというのはかなり大変なことです。無理のない範囲から始めて、ストレスを溜め込まないようにすることも大切ですね。ドカ食いや間食を控えるだけでもある程度の予防にはなります。まずは少しずつ努力することから始めましょう。

まとめ

ウォーキング+筋トレでしっかりと脂肪を燃焼させましょう。そして、食生活を見直すことで、さらなる皮下脂肪の溜め込みを予防することができます。無理はせずに、できる範囲から始めることがダイエット成功の大きな鍵となります。少しずつでよいので、毎日続けていくようにしましょう。継続は力なり、です。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)