ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

通勤中にもダイエット!通勤ウォーキングで健康的に痩せるには?

約 1 分
通勤中にもダイエット!通勤ウォーキングで健康的に痩せるには?

体重を落としたい、スリムなボディラインを手に入れたい、そんなおもいでダイエットに取り組んでいる女性は多いですよね。ちょっとした時間にもダイエットを取り入れて、効率的に痩せるにはどうしたらよいのでしょう。そこで、通勤ウォーキングというものがあります。通勤時間もダイエットしてしまえば、一石二鳥ですよね。でも、本当に効果があるのか?その方法とダイエット効果をご紹介したいとおもいます。

通勤ダイエットには本当に効果があるの?

ウォーキングはすぐに結果の出る運動ではないことはみなさんもご存知かとおもいます。継続してこそ効果が現れるんです。毎日の通勤ウォーキングも、その積み重ねで結果はついてきます。どうせ無理でしょなんて、最初から諦めたりしないでくださいね。

◇カロリー消費量が増える

◇筋肉がほどよくついていく

通勤ウォーキングにはこのようなメリットがあります。少しでもカロリーを消費したいですよね。それが通勤途中にできてしまうのですから、嬉しい効果ですよね。30分早歩きをした場合のカロリー消費量は、およそ105kcalです。通勤時と帰宅時で30分ずつ、往復1時間歩くとおよそ210kcalのカロリーを消費できることになります。そして、毎日少しずつ歩くことでほどよく筋肉がついていきます。食事制限などの無理なダイエットは、筋肉量が低下しがちです。でも、毎日のウォーキングをすることで適度な筋肉がついて引き締まった足になります。この程度の運動なら、筋肉はムキムキにはなりませんので安心してくださいね。

通勤ウォーキングでよりダイエット効果を高めるためには?

毎日の通勤をウォーキングにするだけでももちろん効果はあるのですが、さらにダイエット効果を上げるためにいくつかのポイントがあります。

◇ウォーキング用のシューズを履くこと

いくら通勤中だからといえ、ヒールやパンプスなどでウォーキングするのはNGです!正しく歩くためにもちゃんとしたウォーキングシューズを用意しましょう。ウォーキングでのダイエットは正しい歩き方をしてこそ効果が出るのです。

◇正しい姿勢で、早歩きをすること

ウォーキングの大事なポイントは正しい姿勢です。背筋をピンと伸ばし、軽く胸を張るようにしましょう。大きく腕を振り、普段よりも少し大きめの歩幅で早歩きをします。ダラダラ歩きても効果は期待できません。

◇とにかく継続させること

すぐには結果はでませんが、続けることで確実にダイエット効果は現れます。目標を設定し、それに向かって諦めずに継続させることが大切です。

◇通勤時のウォーキングは終わってから朝食をとる

もし可能であれば、通勤ウォーキングの後に朝食をとることがおすすめです。なぜなら、空腹の状態では脂肪を燃やしてエネルギーに変えるからです。脂肪燃焼効果をより高めるにはウォーキング後の朝食がよいです。

まとめ

・継続させること

・正しい姿勢で早歩き

なによりも大切なこのポイントを守ることで、通勤ウォーキングの効果は高まります。こういった生活の一部をダイエットにすることで、より早く健康的に痩せることが可能となります。普段のダイエットやトレーニングに加えて、通勤ウォーキングも始めてみませんか。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)