ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

ウォーキングの季節別注意点 冬

約 1 分
ウォーキングの季節別注意点 冬

寒い時に外で運動なんて…と思ってしまいますが、実は冬こそがダイエットには向いているって知っていましたか?寒い時は、体を温めようとたくさんのカロリーを消費して体温を上げていくんです。代謝が高い冬にこそウォーキングをがんばりたいところですよね。でも、冬のウォーキングには十分な注意が必要です。どんなことに気をつけたらいいのか、ご紹介したいとおもいます。

十分な防寒対策を

冬だから防寒はあたりまえなんですが、ウォーキング中って身体が温まってくるので薄着でもだいじょうぶって思いがちです。でも、身体が温まれば今度は汗をかきます。それが蒸発して身体が冷えてしまうんです。インナーは吸汗性のあるシャツを着るようにしましょう。また、ウインドブレーカーなどの羽織るものも、通気性のあるものがおすすめです。気温がグッと下がっているような日や、早朝などには手袋やネックウォーマーがあるとよいでしょう。体温が上がり温かくなったり、身体が冷えたり、冬のウェア選びは一年でいちばん難しいかもしれませんね。

ウォーキング前のストレッチを忘れずに

寒い冬には、筋肉が硬直しています。寒さに震えている時は身体を丸めてしまいますよね。この状態でウォーキングを始めると、おもわぬ怪我の原因にもなりかねません。しっかりと筋肉を温めてほぐしてあげることが大切です。室内でゆっくりとストレッチを行ってからウォーキングにでかけるようにしましょう。他の季節よりも念入りにストレッチをすることを心がけるとよさそうです。

帽子ひとつで体感温度も変わる

体温が上がるまでは、寒さに震えながら歩いてしまいますよね。そんなときには帽子をかぶることで、体感温度を上げることができます。夏場は日差しを避けたり熱中症対策として使う帽子ですが、冬の場合は防寒対策としての帽子がおすすめです。ニット帽や毛糸の帽子など、おしゃれなものをかぶってみてはいかがでしょうか。

足場には十分に注意

冬といえば雪です。路面にうっすらと積もっているだけで滑りやすい状態になっています。一般的なウォーキングシューズでは、靴底には滑りにくい加工はされていませんので歩くときには十分な注意が必要です。また、凍結も危険です。一見すると凍っているように見えない路面も、実はツルツルなんてことがあります。ウォーキングをする際には、路面状況をしっかり把握しておくことも大事ですね。

歩幅に気をつける

さきほど、路面の凍結について触れましたが、滑りにくい歩き方をすることが大切になります。いつもよりも小さな歩幅で歩くことが転倒防止になりますので、意識するようにするとよいでしょう。

水分補給も忘れずに

他の季節に比べて喉が乾きにくいので、どうしても忘れてしまいがちですが、冬の場合でも水分補給はするようにしましょう。一口ずつ何回かに分けて飲むようにするとよいです。

まとめ

・吸汗性、通気性のあるウェアでしっかり防寒対策を

・路面凍結に十分に注意

・運動前のストレッチは念入りに

・転倒防止に歩幅はいつもより小さめに

基礎代謝が上がる冬こそ痩せるチャンスです。ダイエットに休息期間はありません!注意点を守って、寒い時でも乗り切っていきたいですね。

 

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)