ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

ウォーキングフォームをチェックして綺麗に歩けばダイエット効果もさらにUP!

約 1 分

ウォーキングは正しいフォームで行なってこそ効果が現れる運動です。間違ったフォームで歩いていては、せっかくたくさんウォーキングしても効果も半顔してしまいます。ダイエット効果をより上げるならしっかりしたフォームが必要不可欠!時には自分のフォームをチェックすることも大切なんですよ。

まずは歩き始める前の姿勢をチェック!

より効果的なウォーキングを行うためにはまずは姿勢が大切になってきます。ウォーキングを始める前に自分の姿勢をチェックすることから始めましょう。

壁などの前に立ち、かかと、お尻、腰、肩、頭が一直線になるように立ちます。お腹に軽く力を入れます。あごを引き、目線はまっすぐ前を見ます。この時に、骨盤を前傾させたり逆に反り腰になってしまわないように気をつけてください。腰痛を引き起こす原因になってしまいます。これが基本の姿勢となります。ウォーキング中もこの姿勢を保つことを意識してくださいね。

こんな歩き方をしていませんか?

基本の姿勢をチェックしたあとは、普段のウォーキングで間違った歩き方をしていないかチェックしてみましょう。

・上半身が上下、または左右に揺れていませんか?

上半身が上下に揺れてしまうのは、股関節が硬くなっていてうまく足を稼働させることができていないからです。柔軟性が足りないことで起こります。ストレッチなどを取り入れてみましょう。

・反り腰になっていませんか?

綺麗な姿勢を意識し過ぎるあまり、腰が反ってしまうことがあります。腰痛の原因になってしまいます。胸を張り過ぎず、お腹を少し引っ込めるようにしてください。

・膝が曲がってはいませんか?

足の付け根から前へ出すように膝を方伸ばして歩きましょう。膝を伸ばして歩くことで美しいウォーキングフォームになります。

・腕を振らずに歩いていませんか?

肩に力が入りすぎていたり、ダラーンと垂らして歩くのはNGです。歩くという動作には腕振りが欠かせません。イメージとしては、振るというよりも引くといった方が正しいです。肩甲骨をしっかり動かしながら、腕を後ろに引く感じで大きく振りましょう。

これをチェックすれば綺麗に歩ける!

綺麗なウォーキングフォームのためには、以下の項目をしっかりチェックしてみましょう。

・使われている筋肉をしっかり意識しながら歩く

・肩や背中をリラックスさせる

・足は股関節から前へ出す

・腕振りはしっかりと

・つま先は自然な向きで

・自然な呼吸を心がける

・かかとから着地する

力が入ってしまうと体を思うように動かすことができません。リラックスしながら歩くことを心がけましょう。また、ウォーキングで使われる筋肉を常に意識することで、より運動効果を高めることができます。歩くスピードを上げるとフォームも乱れがちになるので、そんな時はペースを下げてフォームを見直すようにしましょう。

まとめ

歩き方ひとつで運動効果が違ってくるのですから、どうせならより効果が期待できる歩き方をしたいですよね。普段からウォーキングフォームをチェックすることでその歩き方に慣れ、自然にできるようになってきます。綺麗なフォームを意識しながら、爽快な気分でウォーキングしてくださいね。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)