ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

お気に入りのウォーキングコースを見つけよう!コース選びのポイントとは?

約 1 分
お気に入りのウォーキングコースを見つけよう!コース選びのポイントとは?

いつでもどこでも手軽にできるウォーキングですが、どうせ歩くならお気に入りのコースを作ると歩くことがもっと楽しくなりモチベーションも上がりますし、習慣化しやすくなります。ウォーキングコースを作るための大切なポイントや注意点などをご紹介します。

ウォーキングコース作りで注意すること

基本、道があればどこでもウォーキングはできますが、もちろん安全に歩ける場所がいいですよね。交通量が少ないところや、歩道がきちんと整備されているところを選びましょう。道路が舗装されているかも大事なポイントです。砂利道やデコボコ道では歩きづらいですし、足をくじいてしまう危険性もあります。また、仕事などの都合でどうしても夜しかウォーキングできないという方は、街灯が設置されており人通りもあるところを選んだ方が安全でしょう。

ウォーキングコース選びのポイント

・信号の少ない道

長い時間歩き続けることが効果的なウォーキングは、なるべく立ち止まることのないようにするのがポイントです。信号や踏切などが少ない道がおすすめです。

・景色の良い道

見ていて楽しい景色や癒される景色の中を歩くのはとても気持ちのいいものです。花や木々がたくさんある場所や、遠くに綺麗な山並みが見えたりすると、歩きながらストレス解消効果も期待できます。

・アップダウンのある道

坂道を歩くことは、そのぶん負荷もかかってくるので足腰を鍛えることができます。心肺機能も鍛えられるため、少しアップダウンのある道を歩いてみるのもおすすめです。しかし、無理なく歩ける程度の坂道にしましょう。

・トイレがある道

長い時間のウォーキングでは途中でトイレに行きたくなることもあるかもしれません。いざという時のために、コンビニや公園などトイレのある道を選びましょう。

・目的地を設定する

お気に入りのあの場所まで歩こう!とか、目的地を決めておくことでモチベーション維持にもつながります。カフェや図書館、公園などでもいいですね。

・ときには遠出もおすすめ

休日や時間のあるときにはいつもより少し遠出してみてはいかがでしょうか。ウォーキングの効果と共に達成感も味わえますよ。

バリエーション広がるコース作り

公園に整備された遊歩道などは歩きやすくトイレもあるので安心してウォーキングできます。緑も多いのでリフレッシュできますね。そのほか、土手なども直線距離が長く障害物も少ないのでウォーキングに適しています。

立ち止まることなく継続して歩くことがコース作りのポイントとなりますが、どうしても条件に合う道がない場合は500m程度のまっすぐな道でも大丈夫です。そこを何回も往復することで継続して歩くという問題は解消されます。ウォーキングの時間が限られている場合などにも、すぐに切り上げることができるので手軽ですよね。最初のうちはウォーキングしながらどこかいいコースはないか探しながら歩くのも楽しいですよ。

まとめ

ウォーキングコースのポイントは、信号などで立ち止まったりすることなく継続して歩く事ができる道です。そのほか、なるべく人通りのある場所など安心して歩ける道を探しましょう。いくつかお気に入りのコースを作ることでモチベーションアップにもつながり楽しくウォーキングできるようになりますよ。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)