ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

間違った歩き方では効果もでない!正しいウォーキングのフォームを身につけよう!

約 1 分
間違った歩き方では効果もでない!正しいウォーキングのフォームを身につけよう!

ダイエットや引き締まった身体を目指すために人気のウォーキング。誰でも気軽に取り組める運動ですが、みなさん間違った歩き方をしてはいませんか?正しい歩き方をしなければ、効果がでないばかりか足や膝を痛めてしまう原因に。歩き方、歩く姿勢ってとても重要なんです。もう一度、自分の歩き方を見直してみませんか。

ウォーキングの基本はまず姿勢から!

ウォーキングで最も重要なのは姿勢です。きちんとした姿勢で歩くことが、よりウォーキング効果を発揮するためのポイントとなるのです。悪い姿勢で行うウォーキングはどれだけ歩いても効果は出ないとまでいわれているんです。

姿勢が悪いというのはどういうことか、それには大きく分けて2種類あります。

・おじぎ型

理想的なS字カーブがなく、お腹とお尻が出っ張った状態です。猫背になり、首と頭が前へ付きでています。

・ふんぞり型

S字カーブが少なく、平坦な背中になっています。肩が前へでて猫背気味な格好になります。

まずは自分の姿勢をチェックすることから始めましょう。

間違った歩き方はこんな人!

自分ではちゃんと歩いているつもりでも、その歩き方が本当は間違っている可能性も。では具体的にどのような歩き方が間違いなのか、当てはまるものがないかチェックしてみてください。

・腰が反っている

・腕をしっかり振っていない

・猫背になっている

・前かがみになっている

・かかと着地をしていない

どれかひとつでも当てはまる方は要注意です!その歩き方、間違っている可能性が大きいです。このまま間違った歩き方を続けていると、O脚やX脚、膝などの関節の痛み、腰痛の原因になりかねません。せっかくダイエットや美脚を目指してウォーキングをしていても、美しくなるどころか身体を痛めてはなんにもなりませんよね。

以下のことがちゃんとできているかもう一度確認しながら歩いてみてください。

・アゴは軽く引いて、首をしっかり伸ばす

・目線はまっすぐ、少し遠くを見る

・姿勢を伸ばしてお腹をひっこめる

・足を前へ出すときは、腰から歩くイメージ

・腕振りは大きくしっかりと

長い時間ウォーキングしていると、どうしても姿勢が乱れがちです。ときどき立ち止まって深呼吸してみたり、ストレッチなどして姿勢を正すようにしましょう。

こんな歩き方にも気をつけて!

姿勢の他にも間違った歩き方というのがあるんです。それは、ポケットに手を入れて歩くこと。みなさんも寒い季節などにはやったことがあるのではないでしょうか?実はこの行為、便秘につながってしまうんです。ポケットに手を入れることで、上半身が固定されてしまい身体を捻ることができなくなります。そのため内臓まわりの筋膜の動きが鈍くなってしまうんです。また、前かがみになってしまいがちなので猫背になってしまいますよね。正しい姿勢ができなくなります。寒くてもては外に出し、しっかりと大きく振りましょう。

まとめ

なかなかウォーキングの効果がでないという方は間違った歩き方をしてはいないか、もう一度確認してみてください。ショーウィンドウなどに映った姿を見てみるのもいいかもしれませんね。効果的な歩き方ができるようにたまにはチェックしてみましょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)