ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

季節に合わせた服装!ウォーキングウェア選びは素材(機能)から

約 1 分
季節に合わせた服装!ウォーキングウェア選びは素材(機能)から

ウォーキングの服装はついお洒落で気分も乗るような可愛らしいデザインのものを選びたくなります。

これもテンションを上げる上で重要ですが、機能性もしっかり見て購入するようにしましょう。

服装と機能

ウォーキングでは長時間歩くことで大量の汗をかきます。

そのため季節によっても若干の服装の違いはあるものの、汗が発散できるようなものをおすすめです。

ジャージでも問題はありませんが季節に合わせたウェアで体調を崩さないように心掛けましょう。

特に1時間以上運動する場合は自分に合ったものを選びましょう。

発汗できる服装がおすすめ

服装では汗がいつまでも残るような服装ではなく、メッシュ素材等の通気性が良いものや吸水性・速乾性にも優れたものを使用します。

汗は体を冷やす作用があるので、汗の量が多い時には運動の効果を減らしたり体調を崩すことも考えられます。

また悪化させた場合には低体温症や体が冷えて筋肉が硬直することで怪我するリスクが増えることもあります。

冬のウォーキングでも、寒すぎず汗も発散しやすい服装で楽しくウォーキングできるようにしましょう。

ウォーキングウェアとは

ウォーキングウェアはランニングウェアとほぼ違いはありません。

トップスは上記のように吸水性と速乾性に優れて服が冷えて体温も下がることを防ぎ、通気性にも優れたものを選びます。

素材はポリエステルが人気

綿(コットン)は吸水性・通気性に優れているものの速乾性は悪いです。

ポリエステルは全てに優れているので学校のジャージにもよく使用されています。

そのため上半身のウェアはポリエステル、またはポリエステルの比率が高ものを選びましょう。綿との組み合わせもおすすめです。

ウェアはポリエステルのものが必然と多いものの、違う素材が良い場合は確認してから買うようにしましょう。

秋冬の服装とは

秋冬の寒い中でのウォーキングでは春夏よりもウェアに気を遣う必要があります。

ウインドブレーカー等で風をしのぎながら適度に汗も発散させましょう。

ウォーキングの服装1ボトムス

女性であればパンツスタイルからスカートとタイツの組み合わせ等豊富にあります。

パンツスタイルが主流であるものの、最近ではスカートとタイツのスタイルも人気です。

素材や丈が豊富で季節も選ばず、色や柄も沢山あるのでお洒落な人のウェアにもよく使用されています。

ウォーキングの服装2タイツ

近年、使用する人が多くなったタイツは足の負荷も計算されて作られています。

足が疲れることもなく、太ももやふくらはぎの筋肉痛を軽減させることもできます。

また血流を改善して効果的なウォーキングにすることができます。

ウォーキングの服装3スカート

ピッタリとしたデザインが多いウォーキングウエアでは体型を隠したい女性心にもばっちりです。

気になる太ももも隠して楽しみながら行うと良いでしょう。

アームバンドで夜のウォーキング

夜のウォーキングが日課になっている人は暗いところでも安心のLEDのアームバンドで安全して歩けるようにします。

ワンコインで購入可能で付け外しも簡単にできます。

キャップで日差しを抑える

夏や真昼の日差しが強い時の必需品です。

熱中症対策と紫外線もはねのけるもので美容への影響も防ぎましょう。

服装のワンポイントはサングラス

紫外線は肌だけではなく目にも影響があります。紫外線にさらし続ければ白内障の原因にもなることもあるので注意しましょう。

ファッション感覚で付けても良いかもしれません。

寒さ対策の服装とは

他にも手袋やネックウォーマー、耳あても必要であれば使用すると良いでしょう。

カバンもウエストポーチであれば邪魔になりません。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)