ウオーキング歩く.com

歩いて健康!

糖質でがっちり!ウォーキングは水分補給との相乗効果で実感

約 1 分
糖質でがっちり!ウォーキングは水分補給との相乗効果で実感

日々のウォーキングでは運動の効果を上げやすくするために、普段の食事にも気を使います。

食事では運動の効果を下げないように食べすぎ・飲みすぎにも注意しましょう。

空腹でウォーキングした場合

ダイエットや体を絞ることが目的であっても、空腹のままのウォーキングは体への負担を大きくして運動の効果を下げてしまう事があります。

ウォーキングには適度な糖分が必要になるので、時間がないときには雨なども補給して燃費を上げれるようにしましょう。

ウォーキングと糖分

人の体内では自ら糖分を作ることはできません。

そのため定期的に体に食べ物を入れてそれをエネルギー源にします。

つまり糖分なしのウォーキングでは運動効果を得にくいことがあります。

ウォーキングと果物

運動直前の食事では栄養が吸収できていないことから、体は無理にエネルギーを作ろうとします。

運動には必要なエネルギー源として糖分を含むものを摂るようにしましょう。

果物、特にバナナに含まれる糖質には単糖類、少糖類、多糖類があります。

それらはすぐに吸収されて脂肪の燃焼を高めてくれます。

・バナナがおすすめ

バナナは消化にも良いので、同じく消化の良いヨーグルトと合わせて食べたり、シリアルを混ぜて栄養も豊富に摂取します。

食事での糖質過多は脂肪を増やす原因にもなるので、当分も適量で体と胃腸に負担をかけないようにしましょう。

ウォーキング前の食事が大切

体の中のエネルギーが無くなってからの食事を摂るよりも、ウォーキング前の栄養摂取が大切です。

運動直前には果物程度の食事でエネルギー源をカバーします。

ウォーキングが終わったら牛乳や豆乳でタンパク質を摂取し筋力アップにも繋げるのがおすすめです。

ダイエット中の方は低脂肪乳でカロリーを抑えましょう。

食事で気持ち悪くなる時

運動前の食事で気持ち悪くなる時には、食べる時間の他にも食べ過ぎ、または水分不足が考えられます。

ウォーキング前の果物であればバナナ1本とヨーグルト大さじ2杯で十分です。

水分補給はコップ1杯(150ml程度)の水分を補給して脱水症状を引き起こさないようにします。

ウォーキング後の食事

ウォーキング後には牛乳・豆乳の他にもタンパク質や炭水化物を含む食材で体への栄養にします。

お肉、魚、卵等のタンパク源で体を作り、普段から代謝の良い体になるように整えましょう。

アルコールは時間を置いてから

ウォーキングの後の疲れた体には、ついビールでご褒美をあげたくなるものです。

しかしウォーキング後にアルコール類を飲む時は、ウォーキングから30分以上経ってから飲むようにします。

心拍数の上昇が収まらないときにはアルコール分解も加わり、心臓に大きな負担をかけてしまうのです。

大きな負担がかかれば気絶したり脱水症状を引き起こすこともあります。

食後のウォーキングが大事

食後に10分間ウォーキングするだけで中性脂肪やダイエットに効果的です。

ウォーキングは30分以上置いてから行って、栄養分をしっかりと体に摂り込めるようにしましょう。

体に必要な筋肉を付けれるように、普段から栄養のある食事で代謝の良い体作りと健康維持に努めます。

食事をした直後は胃腸での消化に体力を使うのでウォーキングも控えましょう。消化を悪くして、体にも悪影響を及ぼすことがあります。

夕食後のウォーキング

夕食後のウォーキングは寝ている間に余分な脂肪をつけないように予防することができ、ゆったりとしたウォーキングと適温での半身浴が質の良い睡眠に繋げてくれる効果も期待できます。

睡眠前1時間前にはウォーキングを終えて、お風呂に入る時間も考えて早めのウォーキングをおすすめします。

入浴後はすぐに睡眠に入ることは難しいので、細かなストレッチ等で体の調子を整えながら1~2時間ほど置いてから寝た方が良いでしょう。

ウォーキング資格講座  ウォーキング資格講座

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)